コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリソウ

3件 の用語解説(ルリソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ルリソウ

ムラサキ科の多年草北海道,本州中部以北の山地の林内にはえる。全体に粗毛があり,茎は高さ30cm内外。根出葉は広倒披針形で,長さ7〜15cm,長い柄がある。4〜6月,2分する総状花序を出し,空色の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルリソウ【Omphalodes krameri Fr. et Sav.】

るり色の美しい花をつけるムラサキ科の多年草(イラスト)。本州中部以北~北海道に野生し,落葉林内のやや湿った場所に生える。花期は5~6月。茎は高さ20~40cmで,開出毛が多い。葉は互生し,広披針形で全縁,茎の下部の数枚の葉がとくに大きく,長さ6~12cm,幅2~4cmにおよぶ。花序は頂生し,基部で二叉(にさ)に分かれる。花はカタツムリ状に配列し,下位のものから順に咲く。花冠は径1~1.5cm。花被は基部が短い花筒部となり,上部で5枚に切れ,平開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルリソウ
るりそう / 瑠璃草
[学]Omphalodes krameri Fr. et Sav.

ムラサキ科の多年草。全草に開出する粗毛があり、茎は高さ20~40センチメートル。根出葉は小さい。茎葉は互生し、下部の葉は大形、倒披針(とうひしん)形で先はとがる。4~6月、茎の先が二又に分かれ、淡青色の5弁花を開く。分果は縁(へり)に鉤(かぎ)形の刺(とげ)が並ぶ。低山地の林内に生え、中部地方以北の本州、北海道に分布する。名は、花色に由来する。ルリソウ属は分果の背面の縁は全縁または鉤形の刺を列生し、へそ形にへこむ。世界に約28種、日本には本種のほかヤマルリソウ、ハイルリソウ、エチゴルリソウが分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルリソウの関連キーワード胡瓜草沢瑠璃草蔓紫浜弁慶草紫万年青紫酢漿草紫の山瑠璃草瑠璃草蛍葛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone