コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリソウ

百科事典マイペディアの解説

ルリソウ

ムラサキ科の多年草。北海道,本州中部以北の山地の林内にはえる。全体に粗毛があり,は高さ30cm内外。根出葉は広倒披針形で,長さ7〜15cm,長い柄がある。4〜6月,2分する総状花序を出し,空色の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルリソウ【Omphalodes krameri Fr. et Sav.】

るり色の美しい花をつけるムラサキ科の多年草(イラスト)。本州中部以北~北海道に野生し,落葉林内のやや湿った場所に生える。花期は5~6月。茎は高さ20~40cmで,開出毛が多い。葉は互生し,広披針形で全縁,茎の下部の数枚の葉がとくに大きく,長さ6~12cm,幅2~4cmにおよぶ。花序は頂生し,基部で二叉(にさ)に分かれる。花はカタツムリ状に配列し,下位のものから順に咲く。花冠は径1~1.5cm。花被は基部が短い花筒部となり,上部で5枚に切れ,平開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルリソウ
るりそう / 瑠璃草
[学]Omphalodes krameri Fr. et Sav.

ムラサキ科の多年草。全草に開出する粗毛があり、茎は高さ20~40センチメートル。根出葉は小さい。茎葉は互生し、下部の葉は大形、倒披針(とうひしん)形で先はとがる。4~6月、茎の先が二又に分かれ、淡青色の5弁花を開く。分果は縁(へり)に鉤(かぎ)形の刺(とげ)が並ぶ。低山地の林内に生え、中部地方以北の本州、北海道に分布する。名は、花色に由来する。ルリソウ属は分果の背面の縁は全縁または鉤形の刺を列生し、へそ形にへこむ。世界に約28種、日本には本種のほかヤマルリソウ、ハイルリソウ、エチゴルリソウが分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ルリソウの関連キーワードヘリオトロープオニルリソウヤマルリソウコンフリー山鶯

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android