コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルンド ルンド Lund

4件 の用語解説(ルンドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルンド
ルンド
Lund

スウェーデン南端部,マルメーフース県にある都市。 1020年頃デンマーククヌートにより建設された。ロンドンにちなみルンドと命名されたといわれる。 12~15世紀にはデンマークの大司教所在地で,スカンジナビア半島最大の都市であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ルンド(Lund)

スウェーデン南部、スコーネ地方の都市。11世紀半ばにローマカトリック教会直属の司教座が置かれ、北欧のキリスト教の中心地になった。ロマネスク様式ルンド大聖堂や17世紀に創設されたルンド大学がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ルンド【Lund】

スウェーデン南部スコーネ地方の都市。人口9万7000(1996)。1000年ころデンマーク王クヌット2世によって建設が開始された,この地方最古の都市。1103年北欧最初の大司教座が設置されたのち,北欧の文化の中心地,またこの地方の中心都市として発展した。宗教改革(1536)とデンマーク領からスウェーデン領への移行(1658)はこの都市の重要性を減少させたが,ルンド大学の創設(1668)とその後の大学の発展,さらに19世紀中ごろ以降の急速な近代工業化により,同地方の工業都市マルメーとともに新たな躍進を遂げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルンド
るんど
Lund

スウェーデン南部、スコーネ地方の学園都市。人口9万9622(2001)。マルメ市北東15キロメートルに位置し、鉄道・道路交通の分岐点である。11世紀なかばより大司教の居住地となり、大聖堂が建立され、北欧におけるキリスト教の中心地となるが、1536年宗教改革に伴いその位置を失って衰退する。1668年大学設置により再発展した。総合大学医科大学神学校多くの科学研究所がある。織物、包装などの工業も立地する。[中島香子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルンドの関連キーワードスウェーデンリレーマルメースウェーデン刺繍スウェーデン門ヘルシンボリマルメマルメ城ルンド大聖堂スコーネ戦争スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルンドの関連情報