コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルースカヤ・プラウダ ルースカヤ・プラウダ Russkaya pravda

2件 の用語解説(ルースカヤ・プラウダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルースカヤ・プラウダ
ルースカヤ・プラウダ
Russkaya pravda

(1) ルス法典とも呼ばれる。古代ロシアの法典。 11~12世紀に編纂されたキエフ・ロシアの法律で,それまでの慣習法,判例,諸公国の法が基礎となった。最初の編纂はヤロスラフ1世 (賢公) 時代になされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルースカヤ・プラウダ
るーすかやぷらうだ
Русская Правда Russkaya Pravda 

古代ロシアの法典集。ヤロスラフ1世(賢公)の法典、ヤロスラフ(1世)の子供らの法典、ウラジーミル・モノマフの法典など、全部で121条よりなる。殺人者に対する血の復讐(ふくしゅう)の禁止と人命金の導入、公の親兵など諸役人の生命と財産の保護、各種隷属民(スメルド、ザークプ、ホロープなど)の身分規定、債務・相続法などに関する規定など、刑法、訴訟法が中心となっている。この法典は11~13世紀ロシア社会の状況をよく表しており、キエフ・ロシア社会研究に不可欠の史料となっている。それは実質上15世紀末の『法典集』(スジェブニク、1497)公布まで効力を保った。また、12、13世紀のノブゴロド、スモレンスクのドイツ諸都市との条約、ノブゴロド・プスコフ裁判法などの基盤となったほか、ウクライナ、白ロシア、リトワ(リトアニア)法の発展にも大きな影響を与えた。[栗生沢猛夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルースカヤ・プラウダの関連キーワードテオドシウス法典ミールコロシアムユスティニアヌス法典音の絵プロシア王四重奏曲ロシア・バレエ団古代ロシア語古代ロシア文学ロシア帝国法典

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone