コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーネベリ

百科事典マイペディアの解説

ルーネベリ

フィンランドの国民的詩人。スウェーデン語を用い,ロマン的,古典主義的な詩を発表。農民生活を描いた叙事詩《スキーでヘラジカを追う射手》などののち,熱烈な愛国物語詩《ストール旗手物語》(1848年)で国外にも知られた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルーネベリ【Johan Ludvig Runeberg】

1804‐77
フィンランドの詩人。スウェーデン語で書いた。貧しい船長の子として生まれ,1822年トゥルク大学に入学して西洋古典文学を学んだ。同期にリョンロートスネルマンがいて,後にこの3人はフィンランド独立の気運を高めた民族意識高揚期の中心的人物となる。23年末から2年余り,貧しさゆえに学業を中断し,中部フィンランドの寒村で家庭教師をした。この地の美しい自然と人情,フィンランド古代伝承詩,そしてセルビア民謡との出あいが,ロマン派詩人誕生の下地となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーネベリ
るーねべり
Johan Ludvig Runeberg
(1804―1877)

フィンランドのロマン派詩人。スウェーデン語で書いた。貧しい船長の子としてピエタルサーリに生まれる。1822年トゥルク大学に入学し西洋古典文学を学んだ。同期にロンルート、スネルマンがいて、のちにこの3人がフィンランド独立の気運を高めた民族意識高揚の中心的人物となる。23年末から2年余り、貧しさゆえに学業を中断し、中部フィンランドの寒村で家庭教師をした。この地の美しい自然と人情、フィンランド古代伝承詩、そしてセルビア民謡との出会いが、ロマン派詩人誕生の下地となった。『詩集』I~(1830、33、43)、『サーリヤルビ村のパーボ』(1831)などの叙情詩は、西欧ロマン派大詩人V・ユゴー、キーツ、プーシキンに比肩し、のちにノーベル賞作家ヘイデンスタムによって「スウェーデン語詩芸術のダ・ビンチ」と称賛された。
 また、『スキーでヘラジカを追う射手』(1832)、『クリスマスの夜』(1841)ほかの叙事詩は農民生活をリアルに描き、フィンランド語文学の父キビィに始まる農民リアリズム作品に先行していた。しかし、その名を不朽にしたのは『ストール旗手物語』(1848~60)であった。フィンランドを舞台にしたスウェーデン・ロシア戦争(1808~09)を扱い、敵味方の別なく、祖国愛に燃える兵士たちの誠実で忍耐強い勇敢な活躍をユーモラスに賛美した長編物語詩で、国民の祖国愛をかき立てた。この作品とその冒頭詩「われらの国」(1948年以来フィンランド国歌)は民族意識高揚の源泉となり、ルーネベリは国民詩人として敬愛された。[高橋静男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルーネベリの関連キーワードモロ(Mari Mörö)フィンランド文学トペリウス2月5日北欧文学

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android