コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レギオモンタヌス レギオモンタヌス Regiomontanus

5件 の用語解説(レギオモンタヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レギオモンタヌス
レギオモンタヌス
Regiomontanus

[生]1436.6.6. ケーニヒスベルク
[没]1476.7.6. ローマ
ドイツ天文学者,数学者。レギオモンタヌスは生地のラテン名で,本名ヨハンミュラー Johann Müller。 11歳でライプチヒ大学に学び,のちウィーン天文学者 G.ポイルバハに師事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レギオモンタヌス

ドイツの天文学者,数学者。本名ヨハネス・ミュラー。レギオモンタヌスは生地ケーニヒスベルクをラテン語化したものに由来。ウィーン大学で学び,ここでポイエルバハと知り合う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レギオモンタヌス【Regiomonatanus】

1436‐76
ドイツの天文学者,数学者。本名はミュラーJohannes Müllerで,ケーニヒスベルクのミュラーとも称され,ケーニヒスベルクをラテン語化したレギオモンタヌスの名で知られる。ウィーン大学で学び,1457年同大学に奉職。ポイエルバハGeorg von Peuerbach(1423‐61)から天文学を学んでその協力者となる。ビザンティンの人文主義者で神学者であり,またトルコの圧迫によって東西教会の統一という課題にも取り組んだベッサリオンがウィーンを訪れた際(1460)に,ポイエルバハは彼からプトレマイオスの《アルマゲスト》の正確な集約版をつくることを提案され,ポイエルバハは,12世紀のクレモナゲラルドのラテン語訳を用いてこの仕事を行ったが,彼の死後,この仕事を受け継いだレギオモンタヌスは,ベッサリオンに伴われてローマへ赴き,ギリシア語を学んだうえで,《アルマゲスト》集約版である《エピトメ》を完成した(1463)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

レギオモンタヌス【Regiomontanus】

1436~1476) ドイツの天文学者・数学者。本名ヨハン=ミューラー。ヨーロッパ最初の近代的天文台を建設。ハレー彗星の観測や「天体位置表」を作成した。また、三角法の研究を発展させ、「三角法全書」を著す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レギオモンタヌス
れぎおもんたぬす
Regiomontanus
(1436―1476)

ドイツの天文学者。ヨーロッパ最初の天文台の建設者。本名はミュラーJohannes Mllerであるが、生地のケーニヒスベルクのラテン語名であるレギオモンタヌスが通称としてよく知られる。1452年ウィーン大学に赴き、ポイエルバハの下でプトレマイオスの天文学を学んだ。1461年恩師の没後ローマに留学、ギリシア語を修めて、『アルマゲスト』原典のラテン語訳を果たし、1464年にパドバ大学、1467年にブダペスト宮廷で講義を行い、この間に正弦表を計算し公刊した。1471年ニュルンベルクにヨーロッパ最初の天文台を建設し、新天文観測器を製作し、新観測法を考案して、大航海時代の進展に寄与した。すなわち1474年『天体位置推算表』を公刊して、遠洋航海者に配布し、また恒星と月との角距離による時刻比較法を指示して、洋上経度の決定を可能にした。1472年ハリー彗星(すいせい)の出現に際して、その位置変化を追跡して、それが天体であることを認定した。1475年ローマ教皇庁に招かれ、教会暦の改暦審議に参加した。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のレギオモンタヌスの言及

【三角法】より

…古代のエジプト,バビロニア,中国にも三角法の芽生えが見られるが,前150年ころのギリシアのヒッパルコス(ニカエアの)が三角法の創始者といわれている。現在の三角法の形式はドイツのレギオモンタヌスRegiomontanus(1436‐76)によるといわれ,その諸定理はJ.ネーピア,J.ケプラーを経て,L.オイラーに至って整備されたものである。三角法は天文学,航海術,測地法などに広く用いられている。…

【天文学】より

…プトレマイオスの《アルマゲスト》がヨーロッパに完全に理解されるようになったのは,やっと15世紀のことである。ドイツ生れのプールバハGeorg Purbach(1423‐61)やその門弟レギオモンタヌスは《アルマゲスト》を基礎にして天文表を作製した。
[近世]
 コペルニクスが〈地動説〉を唱えたことは,天文学ばかりでなく一般の学問に大きな変革をもたらし,これまで絶対の真理として考えられていたギリシアの学問に根本的な反省を与えることになった。…

※「レギオモンタヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レギオモンタヌスの関連キーワードエンケ彗星グリムゼーリガー疇人伝ブラフマグプタランベルトベドノルツティコブラーエテンペルタットル彗星ミュラートゥルガウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone