コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レクラム文庫 レクラムぶんこ Reclams Universal-Bibliothek

5件 の用語解説(レクラム文庫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レクラム文庫
レクラムぶんこ
Reclams Universal-Bibliothek

ドイツの出版人 A.レクラム (1807~96) が創始したペーパーバックシリーズ。 1867年著作権保護期間が著作者の死後 30年になったのを機会に発刊されたもので,正式には「世界文庫」であるが「レクラム文庫」の通称で親しまれ,日本の「岩波文庫」の模範ともなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レクラム文庫【レクラムぶんこ】

ドイツの小型廉価本。1867年以来ライプチヒのレクラムReclam出版社から刊行。正称は《世界文庫》といい,ドイツをはじめ世界各国の人文科学社会科学自然科学などあらゆる分野のすぐれた著作を収める。
→関連項目文庫本ペーパーバック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レクラムぶんこ【レクラム文庫】

1828年,ドイツのライプチヒにレクラム出版社を創立したレクラムAnton Philipp Reclam(1807‐96)が,その子ハンスHans Heinrich R.(1840‐1920)と力をあわせ,1867年創刊した有名な文庫。最初の名称は〈世界文庫Universal‐Bibliothek〉であるが,日本では出版者にちなんだ〈レクラム文庫Reclams Bibliothek〉の呼称が一般に用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

レクラムぶんこ【レクラム文庫】

ドイツの文庫本シリーズ。レクラム社刊。1867年創刊。厳選された内容で知られ、特に外国文学の翻訳が多い。世界各国の文庫本の範。レクラム世界文庫。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レクラム文庫
れくらむぶんこ
Reclams Universal-Bibliothek

ドイツの小型廉価本シリーズ「レクラム百科文庫」のこと。ゲーテファウスト』を第1巻として1867年に創刊。同年、著作権保護期間を著作権者の没後30年に定めた法律が発効し、印税支払いが不要になったことが契機となり、古典文芸作品の廉価版シリーズが多数刊行され始めた。そのなかでもレクラム文庫は、手堅い編集、厳密な校訂、全品分売の販売方針などによって評判を高め、ついにはドイツ人の「教養の規範」と称されるまでになる。収録テクストは当初ドイツ文芸の古典作品から出発しつつ、じきに各国文学の翻訳、ギリシアローマの古典、哲学・法律などの学術文献、オペラ台本や事典なども収めてゆき、いまでは文字どおり百科全書のように類書にない広がりと多様性を備えている。1912年には同文庫の自動販売機まで設置され(1940年まで)、通算発行点数は第二次世界大戦末期までに7500点、1990年代後半で1万5000点を超え、2011年時点では2万点以上といわれる。大戦後、それまでライプツィヒにあった会社は東ドイツ政府の信託管理となり、一族は西ドイツシュトゥットガルトに移って社を継承し、東西に分立したが(この場合「レクラム文庫」は後者発行のものをさす)、ドイツ再統一後の1992年、前者はシュトゥットガルト社に吸収合併された。いまでは全体が6分野に分かれ、従来路線の古典作品などは黄色、その解説シリーズは緑色、対訳2か国語版はオレンジ色など、ジャンルごとに表紙の色を変えている。レクラム社には他の出版物もあるが、なによりもこの文庫が特徴的であり、大学などで教材として利用されることも多い。日本では岩波文庫の範となったことでも知られている。[江代 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レクラム文庫の関連キーワードライプチヒ大学ライプチヒの戦いレクラムライプチヒの戦レーンホルムインゼル[会社]ティシュバインブロックハウス[会社]ライプチガー・ツァイトゥングライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レクラム文庫の関連情報