コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レジス レジスRégis, Jean-Baptiste

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レジス
Régis, Jean-Baptiste

[生]1663.2.2.
[没]1738.11.24.
フランスのイエズス会宣教師。中国名は雷孝思。康煕 37 (1698) 年に中国に渡り,天文,数学の知識で清朝に仕えた。康煕帝がパルナン (巴多明) の進言で実測地図の作成を決定すると同 47~55 (1708~16) 年実測にあたり,『皇輿全覧図』を完成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レジス【Jean‐Baptiste Régis】

1663‐1738
フランス生れのイエズス会宣教師。漢名は雷孝思。同じフランス人イエズス会のブーベに伴われ,1698年(康熙37)に中国に渡る。清朝第2代の康熙帝はフランス人イエズス会宣教師の提案を入れ,中国全土の測量を行うことになった。当時測地学は〈フランスの科学〉と呼ばれていた。1708年にブーベ,レジス,ジャルトゥらはモンゴリア・長城一帯を測量した。これを手初めに,その後はレジスを中心に満州をはじめ中国各地の測量が行われ,15年に一応完了した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レジス
れじす
Jean Baptiste Rgis
(1663―1738)

フランス人のイエズス会士。漢名は雷孝思。1679年イエズス会に入会し、1698年に中国に渡り、その数学、天文学に対する知識を買われて、宮廷奉仕のために北京(ペキン)によばれた。『皇輿全覧図(こうよぜんらんず)』作製の事業で、レジスの測量した地域は他のどの宣教師よりも広く、蒙古(もうこ)、東北、山東、河北(かほく)、河南(かなん)、江蘇(こうそ)、安徽(あんき)、浙江(せっこう)、福建、雲南、台湾に及んだ。語学にも堪能(たんのう)で、『易経』をラテン語に翻訳した。北京で客死。[矢澤利彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レジスの関連キーワードレジストレーション(Registration)ドブレ(Régis Debray)メモリーアドレスレジスターself registerチャイルドセーフティーインデックスレジスターステータスレジスターアドレッシングモードキャッシュレジスターエッチング[半導体]プログラムカウンターヴァンサン ペレーズアドレスレジスターチャイルドプルーフ化学増幅レジストアキュムレーターカルテジアニスムラップアラウンドページレジスターフォトエッチング

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レジスの関連情報