コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レゾルシン レゾルシン resorcin

5件 の用語解説(レゾルシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レゾルシン
レゾルシン
resorcin

化学式 C6H4(OH)2 。1,3-ジヒドロキシベンゼンに相当する。融点 109~111℃の針状晶。水,アルコールエーテルなどによく溶ける。亜鉛の検出試薬として用いられるほか,医薬,染料原料,皮革なめし剤などに利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レゾルシン(〈ドイツ〉Resorcin)

フェノール類の一。無色の結晶。光や空気に触れると淡紅色になり、塩化鉄により紫色に着色する。水・エーテルに溶け、強い還元作用をもつ。防腐剤・染料の原料。レソルシノール。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レゾルシン

1,3−ジヒドロキシベンゼンに当たる無色の結晶。レゾシノールとも。融点111℃,沸点281℃。水,エタノールに易溶。2価のフェノールの一種。防腐剤,殺菌剤,医薬や染料の原料に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レゾルシン【resorsin】

m‐ジヒドロキシベンゼンにあたる。レゾルシノールresorsinolともいう。融点111℃,沸点281℃の白色結晶。1864年セリ科植物のアルカリ融解で初めて得られた。ブラジルスオウの乾留でも得ることができる。現在はmベンゼンスルホン酸水酸化ナトリウムと融解したのち,塩酸で加水分解して工業的に合成されている。わずかな甘味があり,空気,光にさらすか鉄分に触れるとピンク色になる。水,アルコール,エーテル,グリセリンによく溶け,クロロホルム二硫化炭素には溶けにくい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

レゾルシン【resorcin】

二価フェノール類の一。化学式 C6H6O2 甘味で特異臭のある白色の針状結晶。色素の製造のほか、防腐薬・殺菌薬で皮膚病などに用いる。レゾルシノール。m -ジヒドロキシベンゼン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レゾルシンの関連キーワードヒドロキノンヒドロキシル基ヒドロキシ酸レゾルシノールジヒドロキシビタミンD31,3,5‐トリヒドロキシベンゼン1,2,3‐トリヒドロキシベンゼン1,2-ジヒドロキシベンゼンp-ジヒドロキシベンゼンm-ジヒドロキシベンゼン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone