コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レゾルシン resorcin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レゾルシン
resorcin

化学式 C6H4(OH)2 。1,3-ジヒドロキシベンゼンに相当する。融点 109~111℃の針状晶。水,アルコール,エーテルなどによく溶ける。亜鉛の検出試薬として用いられるほか,医薬,染料原料,皮革なめし剤などに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レゾルシン(〈ドイツ〉Resorcin)

フェノール類の一。無色の結晶。光や空気に触れると淡紅色になり、塩化鉄により紫色に着色する。水・エーテルに溶け、強い還元作用をもつ。防腐剤・染料の原料。レソルシノール。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レゾルシン

1,3−ジヒドロキシベンゼンに当たる無色の結晶。レゾシノールとも。融点111℃,沸点281℃。水,エタノールに易溶。2価のフェノールの一種。防腐剤,殺菌剤,医薬や染料の原料に用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レゾルシン【resorsin】

m‐ジヒドロキシベンゼンにあたる。レゾルシノールresorsinolともいう。融点111℃,沸点281℃の白色結晶。1864年セリ科植物のアルカリ融解で初めて得られた。ブラジルスオウの乾留でも得ることができる。現在はm‐ベンゼンスルホン酸を水酸化ナトリウムと融解したのち,塩酸で加水分解して工業的に合成されている。わずかな甘味があり,空気,光にさらすか鉄分に触れるとピンク色になる。水,アルコール,エーテル,グリセリンによく溶け,クロロホルム二硫化炭素には溶けにくい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レゾルシン【resorcin】

二価フェノール類の一。化学式 C6H6O2 甘味で特異臭のある白色の針状結晶。色素の製造のほか、防腐薬・殺菌薬で皮膚病などに用いる。レゾルシノール。m -ジヒドロキシベンゼン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

レゾルシンの関連キーワード粃糠性脱毛症(ふけ症)パウル・G. ウンナヘキシルレゾルシンレゾルシノールフルオレセインガラクツロン酸ブヒャラー反応ヒドロキノン薬用石鹸毛生薬駆虫剤駆虫薬縮合火薬

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android