レッド・リスト(読み)れっどりすと(英語表記)Red List

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際自然保護連合(ICUN)が絶滅のおそれのある世界の野生動物の状態を査定したリスト。「RL」と略記されることもある。正式名称は、「IUCN絶滅のおそれのある種のレッド・リストIUCN Red List of Threatened Species」。1966年に第1版を発表し、2006年以降は毎年更新している。1966年にICUNは絶滅のおそれのある動物、植物の現状を記録した資料集、レッド・データ・ブックRed Data Bookを発行した。レッド・リストは、現在、レッド・データ・ブックの基礎であり、データ・ブックよりも広範な種を対象にしている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android