コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レルシュ レルシュ Lersch, Heinrich

3件 の用語解説(レルシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レルシュ
レルシュ
Lersch, Heinrich

[生]1889.9.12. メンヒェングラトバハ
[没]1936.6.18. レマーゲン
ドイツの詩人。オランダイタリアスイスを職人として遍歴。荒廃した生活ののち,故郷で鍛冶屋となる。第1次世界大戦中『兵士の別離』 Soldatenabschied (1914) を発表,一躍知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レルシュ【Heinrich Lersch】

1889‐1936
ドイツの詩人。デュッセルドルフ西方の町に鍋職人の子として生まれ,家業を継ぐ。徒弟時代に周辺諸国を遍歴。第1次大戦に従軍,愛国的戦争詩で一世を風靡したが,負傷して帰還後は労働体験に根ざす詩に転じ,労働者の抵抗と団結をよびかけた。カトリシズム社会主義理念の統合を意図したが,マルクス主義理論武装はなく,ナチズムの本質を見抜けず悪用される結果となった。10冊ほどの詩集のほか,小説数編等がある。【猪口 弘之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レルシュ
れるしゅ
Heinrich Lersch
(1889―1936)

ドイツの詩人。父の仕事を受け継ぎ鍋釜(なべかま)製造工。徒弟として西部および南部ヨーロッパを旅行する。1914年第一次世界大戦に志願兵として従軍、「われら死すともドイツは生きよ」のリフレインをもつ詩『兵士の別離』で有名になる。このころの詩集に『ハートよ、その血をたぎらせよ』(1916)、『ドイツ!国民と祖国の歌』(1918)がある。大戦後は労働運動に身を投じ、詩集『鉄の中の人間』(1925)を発表、労働者詩人とよばれるプチブル作家の1人となった。詩のスタイルのうえでは表現主義からの影響がみられ、「われドイツを信ず、神を信ずるごとく」など、政治・社会的規定のない美辞麗句のうらみがあり、社会主義的詩の発展には寄与しなかった。ほかに小説『鎚(つち)のひびき』(1930)、『機械の鼓動』など。[横田ちゑ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レルシュの関連キーワードクレーフェルトジュッセルドルフデュッセルドルフヒルファーディングケーニヒ通りドゥッセルドルフネアンデルタールノルトラインウェストファーレンラインタワーデュッセルドルフ派

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レルシュの関連情報