コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイヤル・コート劇場 ロイヤル・コートげきじょう Royal Court Theatre

2件 の用語解説(ロイヤル・コート劇場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイヤル・コート劇場
ロイヤル・コートげきじょう
Royal Court Theatre

イギリス,ロンドンにある劇場。 1888年開場。 1904~07年 H.グランビル=バーカーと J.ベドレンの劇団がイェーツイプセン,G.B.ショーその他の多くの近代劇を上演した。戦災のため,第2次世界大戦後閉鎖を余儀なくされたが,52年に再開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロイヤル・コート劇場
ろいやるこーとげきじょう
Royal Court Theatre

ロンドンのスロウン・スクエアにあるイギリスの劇場。近くにあった同名の劇場を受け継いで1888年に開場。20世紀に入って1904年からの3年間、プロデューサージョン・E・ベドランJohn E. Vedrenne(1867―1930)が演出家ハーリー・グランビル・バーカーと組んでこの劇場でジョージバーナード・ショーの演劇を積極的に上演するなど、イギリス近代劇を根づかせるための実験上演を続けた。これが、演劇史上に名を残すベドラン・バーカー・マネジメントである。その後もウェスト・エンドの商業劇場と一線を画する舞台が続いたが、やがて勢いが衰え映画館になり、第二次世界大戦の空襲で手痛い被害を受けた。戦後の復興も遅れていたが、1952年に拡張のうえ再開された。56年にはジョージ・ディバインGeorge Divine(1901―66)の率いる「ステージ・ソサエティ(舞台協会)」の本拠劇場となった。新人作家の発掘を主要目標とするこの劇団が同年5月8日に上演したジョン・オズボーンの『怒りをこめてふり返れ』によってイギリス演劇に「革命」が起こり、ロイヤルコートは一躍世界的に著名となった。以降、アーノルド・ウェスカー、ジョン・アーデンらの新鮮な作品が続々上演され、イギリス現代演劇革新のメッカとなった。続いてエドワードボンドやデイビッド・ストーリーなどがもり立て、ウェスト・エンドの演劇街を離れていながらもこの劇場はイギリス演劇史に一時期を画した。69年には実験用の小劇場アップステアズが併設された。[中野里皓史・大場建治]
『大場建治著『ロンドンの劇場』(1975・研究社出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロイヤル・コート劇場の関連キーワードロンドン会議ロンドン交響楽団イギリス巻ロンドン・クラシカル・プレイヤーズロンドン・シンフォニエッタロンドン大追跡ロンドン橋落ちたロンドン警視庁特捜部ロンドン指令X《ロンドンなき後,あるいは野生のイギリス》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロイヤル・コート劇場の関連情報