コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイ(英語表記)Loy, Myrna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイ
Loy, Myrna

[生]1905.8.2. モンタナ,レイダーズバーグ
[没]1993.12.14. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の映画女優。本名 Myrna Williams。牧場主の娘に生まれ,1918年ロサンゼルスに移り住む。コーラスラインのダンサーとしてキャリアを開始したのち,映画『ベン・ハー』Ben-Hur(1925)に端役で出演。しだいに重要な役を演じるようになり,エキゾチックな妖婦がはまり役となった。『男の世界』Manhattan Melodrama(1934)で,ならず者のギャンブラーと堅物の検事の間でゆれ動く知的な女性役を演じ,それまでのイメージから脱却。この映画で共演したウィリアム・パウエルとは,『影なき男』The Thin Man(1934)など計 13本の映画で息の合った演技を披露した。男性優位の社会で男と対等にわたりあい,男性にとっては理想の伴侶たる才色兼備の女性像をたびたび演じ,男女を問わず多くの観客の心をとらえた。第2次世界大戦中はアメリカ赤十字で,のちに国際連合教育科学文化機関 UNESCOでも活動。戦後は政治的活動に力を注ぎ,スクリーンに登場する機会は減ったが,『我等の生涯の最良の年』The Best Years of Our Lives(1946)や『一ダースなら安くなる』Cheaper by the Dozen(1950)などで優れた演技を披露した。1990年アカデミー賞名誉賞を受賞。

ロイ
Roy, Mavabendra Nath

[生]1887.3.21. アルベリア
[没]1954.1.25. デラドゥン
インドの共産主義民族解放運動家。本名 Narendranāth Bthattacharya。ベンガルのバラモン出身といわれる。 1915年頃から革命的民族運動に参加,16年渡米。サンフランシスコで社会主義にふれ,改名。 17年メキシコに移り,メキシコ革命党創立に参加。 20年の第2回コミンテルン大会でレーニンのテーゼの「補足テーゼ」を草案したことから,レーニンの招きでソ連に渡り,コミンテルンで活躍。政策転換に伴う見解の相違から 29年除名される。 30年帰国し,36年からインド国民会議派内グループで活動するが,第2次世界大戦時の対英政策をめぐる主張の違いから袂を分かち新党を結成した。しかし戦後には政治を離れ,死にいたるまで急進的人道主義を説いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロイの関連情報