コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロジエ ロジエ Rogier, Charles Latour

2件 の用語解説(ロジエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロジエ
ロジエ
Rogier, Charles Latour

[生]1800.8.17. サンカンタン
[没]1885.5.27. ブリュッセル
ベルギーの政治家。ベルギー建国者の一人。北フランスに生れ,リエージュに移って弁護士になり,1824年以後ネーデルラントのベルギー支配を非難する雑誌を発行。 30年8月ブリュッセル独立運動勃発とともに,その指導に活躍,独立の達成と世襲王制の採用を説き,ザクセン=コーブルク公のレオポルド1世を王に推した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロジエ【Charles Latour Rogier】

1800‐85
ベルギーの政治家。サン・カンタン生れ。リエージュで弁護士となり,ウィーン会議(1814)でネーデルラント王国に合併されたベルギーの自由と独立を主張し,1830年ベルギー独立革命に際して臨時政府憲法制定議会メンバーになった。31年国会議員に選出され,32‐34年内相に任ぜられ,ヨーロッパ大陸最初の鉄道(ブリュッセル~メヘレン)を建設した。公共事業相(1840‐43)になったころから,彼の率いる自由主義派とカトリック派の対立が始まり,保守的で強大なカトリック勢力から国家を解放しようとする世俗化政策と立憲制の推進をめざした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のロジエの言及

【フレール・オルバン】より

…故郷リエージュでの弁護士,市会議員を経て,1847‐94年国会議員となる。まず,ロジエ自由党内閣(1847‐52)の公共事業相として入閣し,48‐52年財務相となり,財政改革をして自由貿易への移行を準備し,50年国立銀行を創設。57年の地方選挙で自由党が大勝し,再びロジエ内閣が組織されると財務相として老齢のロジエを助けた。…

※「ロジエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロジエの関連キーワード熱エネルギーファンロンパイベルギー国立管弦楽団ベルギーホワイトエネルギー学エネルギーレベルタンパク質-エネルギー欠乏タンパク質-エネルギー比エネルギー・レベルベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロジエの関連情報