コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスキレ大聖堂 ロスキレだいせいどうRoskilde Cathedral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスキレ大聖堂
ロスキレだいせいどう
Roskilde Cathedral

デンマーク,コペンハーゲンの西約 30kmに位置する古都ロスキレを象徴する大聖堂。歴代国王の霊廟となっている。ロスキレは 10世紀から政治・文化の中心であったが,11世紀に司教座が置かれてからはカトリックの中心として 13世紀にかけて隆盛をきわめた。大聖堂は,10世紀に建てられた木造聖堂を前身として 12世紀に建て替えられたもので,当時最新の建材だった煉瓦を用いている。ゴシック様式のなかに,フランス建築の影響を受けたと思われる丸窓などロマネスク様式の特徴がみられ,18~19世紀にかけて完成した礼拝堂とともに,聖堂建築の変遷をたどることができる。 1995年世界遺産文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロスキレ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ロスキレ大聖堂】

Roskilde》デンマーク東部、シェラン島北部のロスキレにある大聖堂。1170年頃に建設が始まり、ほぼ1世紀後に完成した。デンマーク王家の霊廟(れいびょう)としても知られる。1995年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロスキレ大聖堂【ロスキレだいせいどう】

デンマークの首都コペンハーゲンの西約31kmの古都ロスキレにある大聖堂。1170年ごろに創建された煉瓦を使ったゴシック様式の建物。スカンジナビアでは最初のゴシック様式建造物で,北欧の建築に影響を与えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産詳解の解説

ロスキレだいせいどう【ロスキレ大聖堂】

1995年に登録されたデンマークの世界遺産(文化遺産)。ロスキレは、首都コペンハーゲンの西約40kmのシェラン島に位置する、ロスキレ県の県都で、10~15世紀にデンマーク最初の首都として栄えた地域。ロスキレ大聖堂は、12~13世紀に建てられたスカンジナビアで最も古いレンガ造りの聖堂で、ロマネスク様式とゴシック様式が混在している。15世紀以降は、デンマークの代々の君主が葬られてきた。ヨーロッパの宗教建築史を知る上で重要な建築物であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はRoskilde Cathedral

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

世界大百科事典内のロスキレ大聖堂の言及

【ロスキレ】より

…1658年,当地でデンマーク,ノルウェーとスウェーデン間の和約が結ばれ,1847年には当地とコペンハーゲン間にデンマーク王国最初の鉄道が敷設され,経済的に再興した。ロスキレ大聖堂は,10世紀に建てられた木造教会の地に建設され,マルグレーテ1世女王やクリスティアン1世および1536年以降の代々のデンマーク王の墓所で,これを中心に都市が広がっている。1972年にデンマークで4番目の大学が設立された。…

※「ロスキレ大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ロスキレ大聖堂の関連キーワード血小板由来増殖因子セラミック高温超電導体高温超伝導ベドノルツミュラー(スイスの物理学者 Karl Alex Müller)BCS理論

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロスキレ大聖堂の関連情報