コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロストフ・ナ・ドヌー ロストフナドヌー

百科事典マイペディアの解説

ロストフ・ナ・ドヌー

ロシア南西部,ドン川河口の上流46kmにある港湾都市で,同名州の州都。水陸交通の要地で,農業機械造船,タバコ,ブドウ酒食用油,靴などの工業が行われる。大学(1917年創立)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロストフ・ナ・ドヌー
ろすとふなどぬー
Ростов-на-Дону Rostov-na-Donu

ロシア連邦南西部に位置するロストフ州の州都で、ドン川下流北岸に面する港湾都市。人口101万7300(1999)。黒海とアゾフ海をトルコ海軍が支配していた1749年にロシアによって港が築かれ、61年には要塞(ようさい)が建設された。96年市制施行。のちに小麦などの輸出港、荷物積替え港として発達し、とくに帝政後期には西欧への小麦積替え港として繁栄した。工業では、トラクターやコンバインを製造する大企業「ロストフ農業機械」工場があるほか、工作機械部品、航空機、電気機器、電子機器、化学、軽工業(製靴など)、食品加工(缶詰、たばこ)、木材加工などがある。ロシア中央部と北カフカス地方を結ぶ陸上交通の結節点でもあり、鉄道、幹線道路、石油パイプラインが集中し、ボルガ・ドン運河を通じてモスクワやサンクト・ペテルブルグへも水路が開けている。国立大学ほか八つの高等教育・研究機関、4劇場、郷土博物館などが置かれている。[渡辺一夫・上野俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロストフ・ナ・ドヌーの関連キーワードセルゲイ ボンダルチュクマキシム スタヴィスキーアンドレイ モイセエフユーリー バシュメットノボチェルカスクソルジェニツィンスペシフツェワウラジカフカスジンバリストトゥアプセロシア連邦ドン[川]ショーミンシャフティ渡辺一夫パノーワカフカスバクー