コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロゼッタ・ストーン Rosetta Stone

翻訳|Rosetta Stone

世界大百科事典 第2版の解説

ロゼッタ・ストーン【Rosetta Stone】

古代エジプトの象形文字の解読に重要な手がかりとなった玄武岩製石碑。ナポレオンのエジプト遠征のおり,1799年8月,ナイルの一河口の町ロゼッタ(アラビア語ではラシード)の近くで発見されたのでこの名がある。現在大英博物館所蔵。上段,中段,下段にヒエログリフ(聖刻文字),デモティック(民衆文字。ヒエログリフの略書体),ギリシア文字で同一の内容の文(プトレマイオス5世をたたえる神官団の布告)が刻まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のロゼッタ・ストーンの言及

【エジプト学】より

… エジプト学の成立は,ナポレオンのエジプト遠征(1798‐99)を契機とする。遠征に同行した学者たちの調査記録《エジプト誌》全21巻(1809‐28)によって研究の基礎資料が集められ,遠征の際発見されたロゼッタ・ストーンを手がかりに,シャンポリオンによるヒエログリフ解読がなされた(1822)。通常この年をエジプト学成立の年とする。…

【エジプト文字】より

… ヒエログリフはいわゆる文字の通念からはずれたものとして,その一つ一つが神秘的・象徴的な意味をもつものと考える風潮が一般的となった。そして,近・現代学者によってヒエログリフが再び文字として認識され,新たに解読されるにいたる契機となったのは,ナポレオンの部下将兵によって発掘されたロゼッタ・ストーンであった。この碑文は上・中・下段にそれぞれヒエログリフ,デモティック,ギリシア文字が刻まれており,ギリシア語部分がまず解読され,他の2文も同一の内容をもつという(正しい)想定のもとに,ヨーロッパの言語学者・東洋学者たちが解読を試みた。…

【シャンポリオン】より

…早くも1811年には《ファラオ統治下のエジプト序説》を著している。 こうして,やや回り道もしたし多くの試行錯誤も経験したが,ロゼッタ・ストーンやフィラエ島出土の碑文などをよりどころとして,古代エジプト文字の解読に成功し,その成果を1822年パリ学士院で発表した。この年が近代エジプト学の出発点とみなされているが,彼の真の偉大さは,この後の短い晩年(約10年間)に,エジプト学の全分野にわたって確固たる基礎を築くために生命を燃焼しつくし,かつ十分に成果を挙げたことにある。…

※「ロゼッタ・ストーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロゼッタ・ストーンの関連キーワード古代オリエント文明シャンポリオン隕石

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロゼッタ・ストーンの関連情報