ロッド(英語表記)Lod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッド
Lod

リッダ Lyddaともいう。イスラエル中央部,シャロン平原にある国際空港都市。テルアビブヤフォ南東 19km,エルサレム北西 37kmに位置する。旧約,新約聖書にも登場する古い町で,第二神殿時代のユダヤ教の一中心。ローマ時代のディオスポリス植民都市にあたる。ビザンチン時代,イスラム時代を通じてパレスチナの中心都市の一つ。十字軍の侵入,サラディン王などにより荒廃したが,1948年のイスラエル建国とともに,交通の中心地となった。テルアビブヤフォの衛星住宅都市であるが,8km北にロッド空港があり,民間航空機の修理,サービス工場をはじめ,ジェット機工場があり,イスラエルの工業のうち最大のものとなっている。ほかに電話機器などの軽工業もあり,鉄道,ハイウェーの分岐点でもある。人口4万 1600 (1990推計) 。

ロッド
drill rod

穿孔機用鋼棒。打撃・回転・推力を先端のビットに伝える部分。ビットはロッド先端を直接成形熱処理硬化してもよいが,別に特殊工具鋼などでつくったものを装着する場合が多い。材質は耐衝撃性と靭性が必要で,高炭素鋼や,Ni,Cr,Moなどを含む合金鋼を使う。断面の形は種々あるが,中空六角形,中空丸形が普通で,中空孔から先端に給水して破砕岩粉を流し出すことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ロッド

〘名〙 (rod)⸨ロット
① 棒。また、釣竿(つりざお)。〔工学字彙(1886)〕
おとうと(1956‐57)〈幸田文〉「カーテンのロットを買えばおしまいだった」
穿孔や破砕をするために用いる鋼材
※旅‐大正一三年(1924)創刊号・忘れられぬ土地〈副田丘人〉「ポールやロッドなど舁いだ人夫達が」
③ ヤード‐ポンド法における長さ、または、面積の単位。
(イ) 長さの場合は、三二〇分の一マイル、五・五ヤード、五・〇九二メートルにあたる。〔英和商業新辞彙(1904)〕
(ロ) 面積の場合は、一六〇分の一エーカー、三〇・二五平方ヤード、二九・二九平方メートルにあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のロッドの言及

【エーカー】より

…これは4840平方ヤードに等しく,およそ0.4ha(4047m2)である。定義に使われているポールpoleという単位はロッドrodあるいはパーチperchともいい,51/2ヤードに等しく,畝が平均8本作れる幅である。長さの40ポールはファーロングfurlongといい,その語源は〈畝furrowの長さ〉にある。…

※「ロッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロッドの関連情報