コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロバートソン ロバートソン Robertson, Sir Dennis Holme

8件 の用語解説(ロバートソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロバートソン
ロバートソン
Robertson, Sir Dennis Holme

[生]1890.10.23. ノーフォーク,ローウェストフト
[没]1963.4.21. ケンブリッジ
イギリスの経済学者。 A.C.ピグー,J.M.ケインズと並ぶケンブリッジ学派の巨匠。ケンブリッジ大学に学び,1930年同大学講師,39~44年ロンドン大学教授,44年ケンブリッジ大学正教授 (1957名誉教授) ,王立経済学会会長などを歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロバートソン
ロバートソン
Robertson, Sir Howard Morley

[生]1888.8.16. ソルトレークシティー
[没]1963
アメリカ生れのイギリスの建築家,建築理論家。 1905年ヨーロッパに渡り,パリのエコール・デ・ボザールで学んだのち,09年に J.イーストンと共同でロンドンに建築事務所を開いた。また建築理論家として知られ,多くの著書を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロバートソン
ロバートソン
Robertson, Thomas William

[生]1829.1.9. ノッティンガムシャー,ニューアーク
[没]1871.2.3. ロンドン
イギリスの劇作家。俳優となり,のち劇作に転じ,『社会』 Society (1865) ,『階級』 Caste (67) など,リアリスティックな社会劇によって名声を確立,イギリス近代劇の祖と仰がれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロバートソン
ロバートソン
Robertson, William

[生]1721.9.19. ミッドロージアン
[没]1793.6.11. エディンバラ
スコットランドの歴史家,長老教会派の聖職者。『スコットランド史 1542~1603』 History of Scotland during the Reigns of Queen Mary and of King James VI till his Accession to the Crown of England (2巻,1759) を公にして称賛を博し,エディンバラ大学学長 (62~92) ,スコットランド歴史編修官 (63) に任じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロバートソン
ロバートソン
Robertson, Oscar

[生]1938.11.24. テネシー,シャーロット
アメリカ合衆国バスケットボール選手。本名 Oscar Palmer Robertson。大学とプロを通じて活躍したバスケットボール史上に残るトップ選手の一人。インディアナ州インディアナポリス少年時代を送り,クリスパス・アタックス高校のバスケットボールチームを2回にわたり州大会優勝に導いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロバートソン

英国の経済学者。ロンドン大学教授を経てケンブリッジ大学教授。王立経済学協会会長。ピグー,ケインズと並ぶケンブリッジ学派新古典派)の代表者。専門は貨幣論で,英国経済学者初の景気変動論として《産業循環の研究》(1915年)が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ロバートソン Robertson, Horace

1894-1960 オーストラリアの軍人。
1894年10月29日生まれ。昭和21年2代日本占領英連邦軍総司令官として来日。ノースコットのあとをうけて,中国・四国地方駐留の英連邦軍を指揮した。1960年4月28日死去。65歳。イギリスの陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ロバートソン【Dennis Holme Robertson】

1890‐1963
イギリスの経済学者。ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジで初めは古典学を学んだが,後に経済学に転じ,A.マーシャルの教えを受けた。J.M.ケインズは彼の7年年長の先輩であった。1944年から57年にかけて,マーシャルやA.C.ピグーの後を継いでケンブリッジ大学正教授の地位にあった。専門は貨幣論,景気循環論であるが,景気循環の動因としては発明や投資等の実物的要因を強調した。投資と貯蓄のバランスと銀行部門の役割を論じた《銀行政策と価格水準》(1926)は,ケインズの《一般理論》にも影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のロバートソンの言及

【貸付資金説】より

…自然利子率よりも市場利子率が低いときには,その国民経済は絶えざるインフレーションに陥ってしまうというのである。このような貸付資金説はウィクセルをはじめとするスウェーデン学派やD.H.ロバートソンらによって主張されたもので,一定期間における資金のフローの需給によって利子率が決定されるという理論である。これに対して,ある時点で存在する金融資産の残高(ストック)を経済主体がちょうど過不足なくもつように利子率,したがって債券価格が決まると主張したのがケインズによる流動性選好理論である。…

【ケンブリッジ学派】より

…ピグーが経済的厚生増大のための生産,分配,安定に関する三つの命題を掲げたことに示されるように,本書は全体として〈光より果実を求める〉ケンブリッジ学派の実践的性格を反映したものであった。このうち第三命題は後に《産業変動論》(1927)へと発展させられたが,景気変動論はむしろ,彼の後継者D.H.ロバートソンの《産業変動の研究》(1915),《銀行政策と価格水準》(1926)などを通じて早くから展開されていた。 イギリス経済は,その後29年の大恐慌後の不況期に多量の失業者と遊休設備に悩まされるようになったが,そのなかでJ.M.ケインズの《雇用・利子および貨幣の一般理論》(1936)が出版され,〈供給は需要をつくりだす〉という〈セーの法則〉に立って完全雇用のもとでの資源配分を取り扱ってきた従来の経済学に批判を加え,いわゆる〈ケインズ革命〉をひき起こすことになった。…

【タイム・ラグ】より

…経済学において,タイム・ラグとは,ある経済現象が起こったとき,それに対する反応が直ちに起こらず,ある時間を置いてから起こることをいう。タイム・ラグの重要な例としては,(1)D.H.ロバートソンが強調した消費ラグ(家計は所得が増加したとき,すぐには消費を増加させず,一定の時間がたってから増加させる),(2)E.ルンドバーグやL.A.メツラーが強調した生産のラグ(販売量の増加に対して,企業は当座は在庫を減らすことによって対処し,生産の増加はしばらくたってから行う),(3)投資計画と投資の実行の間のラグ(投資計画を立て機械等を発注しても,すぐには機械等の受渡しは行われないため,投資計画とその実現の間にはラグがある),等があげられる。 経済学においてタイム・ラグが重要視される理由は,タイム・ラグを含んだ動学方程式によって,静学理論の均衡へ実際に経済が到達する経路を記述することができるからであり,またタイム・ラグを仮定することで,静学的な理論では説明できない経済変数の循環的な動きや,オーバーシューティングといった現象を説明できるからである。…

※「ロバートソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロバートソンの関連キーワードピラミッド形スプレッドローンハードローピラミッド商法ミッドシップカードローナミッドエンジンサラブレッドロード新冠ビデオドロームレッドローズ アンバーエール

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロバートソンの関連情報