コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロブソン ロブソン Robeson, Paul(Bustill)

3件 の用語解説(ロブソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロブソン
ロブソン
Robeson, Paul(Bustill)

[生]1898.4.9. プリンストン
[没]1976.1.23. フィラデルフィア
アメリカ黒人俳優,歌手。コロンビア大学卒業。弁護士の資格を得たが,俳優に転じ,E.オニールの『すべての神の子は翼をもつ』 (1924) と『皇帝ジョーンズ』 (25) に主演。ミュージカルショー・ボート』のなかで歌った「オール (ド) ・マン・リバー」は有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロブソン
ロブソン
Robson, Dame Flora McKenzie

[生]1902.3.28. ダーラムサウスシールズ
[没]1984.7.7. イーストサセックス,ブライトン
イギリスの女優。ロイヤル演劇アカデミー出身。 1921年にデビュー,22年から B.グリート劇団に加わった。『楡の木陰の欲望』のアビー (1931) ,『すべての神の子は翼をもつ』のエラ (33) のような心理的な現代劇にすぐれているが,マクベス夫人 (33,48) などシェークスピアヒロインも演じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロブソン
ろぶそん
Paul Robeson
(1898―1976)

アメリカの黒人歌手、俳優で、また人種差別ファシズムと闘った平和運動家。苦学して牧師になった元逃亡奴隷を父に、ニュー・ジャージー州プリンストンに生まれる。早くから学業、スポーツの両面でその才能を認められ、ラトガース大学在学中には2年連続してフットボールの全米最優秀選手に選ばれた。いったん弁護士の道に進んだが、芸術の世界に入り、『ショー・ボート』『皇帝ジョーンズ』『オセロ』などでの名演技や『オールマン・リバー』の歌で世界的名声を博した。アメリカ国務省は1950年、彼の政治的信条や活動を理由に、その海外渡航を禁止する措置に出たが、ロブソンは8年間にわたる闘いによってこの措置を取り消させ、ふたたびヨーロッパ諸国の観衆をその堂々とした姿と声で魅了した。1952年スターリン平和賞受賞。[大塚秀之]
『ポール・ロブソン著、岩崎昶訳『ここに私は立つ――アメリカ黒人歌手の自伝』(1959・光文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロブソンの関連キーワードダーランハーラーダービーダーラムダーラム城ダーラム大聖堂ダークラムPラムフリーランダーダーラム発酵管ピール・イ・アーラムダール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロブソンの関連情報