コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロムニー ロムニー Romney, George

4件 の用語解説(ロムニーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロムニー
ロムニー
Romney, George

[生]1734.12.15. ドールトンインファネース
[没]1802.11.15. ケンドル
イギリスの肖像画家。家具職人の子で父の工房で学んだのち,ケンドルの風俗画家 C.スティールに師事。 1762年ロンドンに出て,64年にパリ,73年にはイタリアに遊学し,ラファエロティツィアーノコレッジオを研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロムニー

アメリカの政治家,実業家。共和党デトロイト生まれる。2003年から2007年までマサチューセッツ州知事。デトロイトの敬虔(けいけん)なモルモン教徒の一家に生まれる。
→関連項目アメリカ合衆国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ロムニー【George Romney】

1734‐1802
イギリスの画家。J.レーノルズの次の世代に属し,T.ロレンスが現れるまでイギリス美術界において最も高名であった。一般的には婦人や子どもの甘美な雰囲気の肖像画やハミルトン夫人Emma Hamiltonをさまざまな装いで描いた肖像画の作者として知られる。ランカシャーに生まれ,1762年以降ロンドンに住み,73‐75年イタリアに滞在した。当時ロンドンは新古典主義の最盛期であり,彼もイタリアで見た古典美術に多大の影響をうけ,スケールの大きな歴史画への夢を生涯捨てきれなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロムニー
ろむにー
George Romney
(1734―1802)

イギリスの画家。ランカシャーのドルトン・イン・ファーニスに生まれる。1762年ロンドンに出るや、上流社会の肖像画家としてめきめき腕をあげ、やがてレノルズゲーンズバラ肩を並べるほどになった。エンマ・ハート(後のハミルトン夫人)をさまざまな扮装(ふんそう)を凝らして描いた肖像画がとくに有名であるが、当時の新古典主義の隆盛や73~75年にイタリアで見た古代美術の影響もあって、彼の野心はむしろ大規模な歴史画にあった。こうして制作された数少ない作品に、86年ジョン・ボイデルのシェークスピア・ギャラリーのために描かれた『テンペスト』(現存せず)や『悲劇と喜劇に養育される幼子シェークスピア』などがある。ケンダルに没。[谷田博行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロムニーの関連キーワードカウフマンドーバー城レイノルズイギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日ビートルズの日タックスマンレーノルズレーノルズ・メタル[会社]イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロムニーの関連情報