ロールキャベツ(英語表記)rolled cabbage

大辞林 第三版の解説

ロールキャベツ

roll+cabbage〕
ゆでたキャベツの葉に、ひき肉などを包んで煮込んだもの。キャベツ巻き。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロールキャベツ
ろーるきゃべつ
rolled cabbage

調味したひき肉をキャベツの葉で巻き込み、ごく柔らかく煮込んだ総菜料理。キャベツは5、6人分をつくるとして1個、熱の通りのよいように芯(しん)をくり抜いて、そのまま熱湯に通し、葉を柔らかくする。葉は1枚ずつはがし、大小あわせて2枚の中心の固い部分を切り取り、平らにして軽く塩、こしょうする。ひき肉には細かく刻んだタマネギ、牛乳に浸して柔らかくした食パンをちぎって入れ、卵をつなぎに入れてナツメグ、塩、こしょうで調味する。これを1個70グラムくらいの球にして、用意の葉に巻き込み、巻き終わりを楊枝(ようじ)で止める。厚手の鍋(なべ)にバターを少々ひいて、薄切りニンジン、タマネギ、ベーコン、キャベツ巻きを並べてスープを加え、約1時間くらい煮込む。葉が十分柔らかになり、甘さも出て一段と美味である。ブラウンソース、トマトソースなど、煮汁もあわせて好みのソースをつくり、かけて供する。[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロールキャベツの言及

【キャベツ】より

…ビタミンCが多く,あくが少ないので生食がよく,せん切りにしてサラダなどにするが,氷水にさらしてビネグレットソースであえた場合はコールスローと呼ぶ。味をととのえたひき肉を包んでトマトピュレなどで煮込むロールキャベツのほか,シチュー,いため物,漬物に用いることも多い。有名なドイツの漬物ザウアークラウトは,細切りのキャベツを5%以下の塩で漬け込んだもので,サラダ,スープ,肉料理のつけ合せその他さまざまな料理に用いられる。…

※「ロールキャベツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロールキャベツの関連情報