ワオキツネザル(読み)わおきつねざる(英語表記)ring-tailed lemur

日本大百科全書(ニッポニカ)「ワオキツネザル」の解説

ワオキツネザル
わおきつねざる
ring-tailed lemur
[学] Lemur catta

哺乳(ほにゅう)綱霊長目キツネザル科の動物。マダガスカル島の西部や南部の乾燥林と疎開林に分布する原猿である。頭胴長45センチメートル前後で、はそれよりすこし長い。体毛は背面が灰色で腹部は白く、尾に黒と白を交互に積み重ねたような輪模様がある。前肢腋下(えきか)に皮脂腺(ひしせん)をもち、これでマーキング行動を行う。比較的樹木の少ない環境にもすみ、キツネザルのなかでは地上性と昼行性の傾向がもっとも強い。

[上原重男]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ワオキツネザル」の解説

ワオキツネザル
Lemur catta; ring-tailed lemur

霊長目キツネザル科。原猿と呼ばれる原始的なサルの仲間で,口先が長くキツネを思わせる。体長 40cm内外で,尾長は体長より長い。尾に黒と白の環状縞模様があるのでその名がある。毛は密に生え,背面灰褐色で腹面は淡色。眼は金色。 15頭内外の小群で岩石地の地上で生活し,夜間は岩穴やほらなどで休む。性質は温和でペットとして飼育されている。マダガスカル島南部に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ワオキツネザル」の解説

ワオキツネザル【ring‐tailed lemur】

霊長目キツネザル科の原猿(イラスト)。白と黒の輪状の縞模様の尾が特徴的である。頭胴長は約50cm,尾長は約50cmで,顔面は淡色だが目のあたりは黒くアライグマに似た相貌をもつ。マダガスカル南部のブッシュ地帯に生息し,キツネザルの中では地上性の傾向が強い。地上を歩行するときは尾を高く上げ,樹上での採食時には真下にたらす。腋下と前肢の内側に皮脂腺があり,は皮脂腺の分泌物を自分の尾にすりこんで振りまわし,〈悪臭合戦〉をするという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android