コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワカバグモ ワカバグモOxytate striatipes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワカバグモ
Oxytate striatipes

クモ綱クモ目カニグモ科。体長は雌 10mm前後,雄7~9mm。体が透き通るような緑色をした美しいクモで,歩脚はやや黄色を帯び淡色。雄は成熟すると腹部や頭部,触肢,歩脚などが桃色ないし赤褐色になる。平地から山地にかけて広葉樹や低木の葉上に普通にみられ,都市部でも公園や庭の植込みにいるが,体色が葉の色とまぎらわしいので見つけにくい。春から秋にかけて成熟し,網を張らず,小さな虫を待伏せて捕える。北海道から九州に分布する。琉球諸島には同属の近似種ホシズナワカバグモ O. hoshizunaがいる。 (→カニグモ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワカバグモ
わかばぐも / 若葉蜘蛛
[学]Oxytate striatipes

節足動物門クモ形綱真正クモ目カニグモ科に属するクモ。5~6月の若葉のころに出現し、また体色が美しい若葉色をしていることからワカバグモという。おもに樹木の葉上を徘徊(はいかい)する。体長12~13ミリメートルほどで前2脚は長く後2脚は短い。腹部後方と歩脚に黒い棘(とげ)の列がある。雄は雌に比べて頭胸部前方や歩脚の基部は褐色。北海道から九州にかけて分布するごく普通のクモである。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ワカバグモの関連キーワード津波警報注意報風の強さケック望遠鏡Keck大津波警報松田知幸ホールデンの定義日野 プロフィア鉄欠乏性貧血芥屋大門

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android