コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットタイラーの乱 ワットタイラーノラン

デジタル大辞泉の解説

ワットタイラー‐の‐らん【ワットタイラーの乱】

1381年、英国で起こった農民一揆(いっき)。人頭税徴収に対する不満を契機として起こり、ワット=タイラー(Wat Tyler)を指導者として一時はロンドンを占領、国王リチャード2世に農奴制廃止などを認めさせたが、タイラーが殺され、鎮圧された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ワットタイラーのらん【ワットタイラーの乱】

1381年イギリスで、人頭税徴収など抑圧を強める領主に抵抗して農民が起こした反乱。指導者のワット=タイラー(Wat Tyler)はロンドンを占領、王と会見して、農奴制廃止などを認めさせたが、二度目の会見の時に殺害され、反乱は急速に衰退。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ワットタイラーの乱の関連キーワードボール反乱

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android