コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラスボ Odontamblyopus lacepedii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワラスボ
Odontamblyopus lacepedii

スズキ目ハゼ科の海水魚。全長 30cm以上になる。体は長く,ウナギ形。腹鰭吸盤になっている。下顎上顎よりも突出する。目は退化しているが明瞭で皮膚に覆われている。体色は暗緑褐色。有明海八代海,九州西岸,朝鮮半島,中国,台湾に分布し,泥中に生息する。食用干物にされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワラスボ
わらすぼ / 藁素坊
green eel goby
[学]Taenioides rubicundus

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する海水魚。体は円筒形で細長い。背びれ、臀(しり)びれ、尾びれは連結し、左右の腹びれは合して杯状をなす。目は退化して皮下に埋没している。両顎(りょうがく)には乱ぐい歯が並ぶ。鱗(うろこ)はごく小さい。体色は青紫色。全長35センチメートルに達する。日本、朝鮮半島、中国、台湾に分布。日本では有明(ありあけ)海のみに産する。河口部の軟泥底中に数個の入口をもったトンネルの巣孔(すあな)をつくり、その中に潜む。小魚、二枚貝、エビ類などの小動物を食べる。有明海での産卵期は6~9月。付着卵を産む。産卵習性は不明。全長3.5ミリメートルの大きさで孵化(ふか)した仔魚(しぎょ)は正常な目を備えており、河口域で浮遊生活を送る。2センチメートルほどの稚魚に成長したのち底生生活に入る。この発育期には目はすでに退化している。春から秋に各種の漁具でとられ、みそ汁の実や干し魚として食用にされる。[道津喜衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワラスボの関連キーワードワラスボ(藁須坊)肥前鹿島干潟東よか干潟潟スキー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワラスボの関連情報