コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラルー ワラルーMacropus robustus; wallaroo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワラルー
Macropus robustus; wallaroo

有袋目カンガルー科。ケナガワラルーともいう。アカカンガルーよりもやや小さいが,カンガルー科のなかでは大型種。体はがんじょうで,足は比較的短い。体色は暗灰色ないし桃褐色。オーストラリア岩場,丘陵地にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワラルー(wallaroo)

カンガルー科の哺乳類。体長80センチ~1.4メートル。後肢は短い。オーストラリアの内陸の岩場などに分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ワラルー【wallaroo】

有袋目カンガルー科カンガルー属の哺乳類のうちやや小型の種の総称。これに対して同属の大型の種はカンガルー(狭義)と呼ばれる。カンガルーとの違いはおもに体の大きさで,ワラビーよりはふつう大型。からだつきもワラビーよりはがっしりしていて,後足が大きく尾も太い。オーストラリアのほぼ全域にアカワラルーMacropus antilopinus,ケナガワラルーM.robustusなど4種が分布する。体長75~140cm,尾長60~90cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ワラルー【wallaroo】

カンガルー科の哺乳類。カンガルーよりやや小さく、雄の体長約115センチメートル、尾長80センチメートルほど。雌はこれより小さい。体は頑丈で、脚はやや短くて幅が広く、山地の岩場にすむのに適している。草食性。オーストラリアに分布。ヤマカンガルー。ケナガワラルー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワラルー
わらるー
wallaroo

哺乳(ほにゅう)綱有袋目カンガルー科カンガルー属の動物のうち、英名でワラルーとよばれる4種の総称。オーストラリアと周辺の沿岸の山地や内陸の岩石地に生息するカンガルーの仲間である。頭胴長0.8~1.4メートル。体は頑丈で、後足は短く、岩場に生息するのに適応している。育児嚢(いくじのう)はよく発達する。[中里竜二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ワラルーの関連キーワードカカドゥ国立公園草食性

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワラルーの関連情報