コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラルー ワラルー Macropus robustus; wallaroo

5件 の用語解説(ワラルーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワラルー
ワラルー
Macropus robustus; wallaroo

有袋目カンガルー科。ケナガワラルーともいう。アカカンガルーよりもやや小さいが,カンガルー科のなかでは大型種。体はがんじょうで,足は比較的短い。体色は暗灰色ないし桃褐色。オーストラリアの岩場,丘陵地にすむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワラルー(wallaroo)

カンガルー科の哺乳類。体長80センチ~1.4メートル。後肢は短い。オーストラリアの内陸の岩場などに分布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワラルー【wallaroo】

有袋目カンガルー科カンガルー属の哺乳類のうちやや小型の種の総称。これに対して同属の大型の種はカンガルー(狭義)と呼ばれる。カンガルーとの違いはおもに体の大きさで,ワラビーよりはふつう大型。からだつきもワラビーよりはがっしりしていて,後足が大きく尾も太い。オーストラリアのほぼ全域にアカワラルーMacropus antilopinus,ケナガワラルーM.robustusなど4種が分布する。体長75~140cm,尾長60~90cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ワラルー【wallaroo】

カンガルー科の哺乳類。カンガルーよりやや小さく、雄の体長約115センチメートル、尾長80センチメートルほど。雌はこれより小さい。体は頑丈で、脚はやや短くて幅が広く、山地の岩場にすむのに適している。草食性。オーストラリアに分布。ヤマカンガルー。ケナガワラルー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワラルー
わらるー
wallaroo

哺乳(ほにゅう)綱有袋目カンガルー科カンガルー属の動物のうち、英名でワラルーとよばれる4種の総称。オーストラリアと周辺の沿岸の山地や内陸の岩石地に生息するカンガルーの仲間である。頭胴長0.8~1.4メートル。体は頑丈で、後足は短く、岩場に生息するのに適応している。育児嚢(いくじのう)はよく発達する。[中里竜二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワラルーの関連キーワードカンガルーキノボリカンガルーワラビー木登カンガルー鼠カンガルーベンガルールカンガルーパスのってカンガルードルコプシスネズミカンガルー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワラルーの関連情報