コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワールド・ミュージック world music

翻訳|world music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワールド・ミュージック
world music

主としてポピュラー音楽の分野で,アジアやアフリカ中南米などに起源する民族音楽を,シンセサイザーなど電子音響を駆使してアレンジした音楽をさす。 1970年代なかば,ジャマイカ起源のレゲエの流行を発端に,パリ,ニューヨーク,ロンドンなどで移民たちの音楽が注目されはじめ,80年代には全世界的な傾向となった。ほかには,ニューヨーク在住のプエルトリコ人によるサルサナイジェリアジュジュコンゴリンガラドミニカメレンゲなどが知られる。日本の沖縄音楽も国際的な注目を集めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ワールド・ミュージック

1980年代後半以降の非欧米世界のポピュラー音楽がもたらした動きをさす言葉。広義には,クラシックもロックもアフリカのポップスも,すべてを等価の音楽として位置づける,新しい価値の粋組みを意味する。
→関連項目WOMADケイタダマリターンツ・ハーズヌスラットミニマル・ミュージックレゲエロック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ワールド・ミュージックの関連キーワードハリソン(Lou Harrison)テン(Teresa Teng)スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドUKエイジアン・ミュージックアンジェリーク キジョーポリス(ロック・バンド)ロック(ポピュラー音楽)クロノス・カルテットエリック クラプトンピーター ガブリエルユッスー・ンドゥールデービッド バーンセルジオ メンデストーキング・ヘッズジェリー ハリソンブレーメン音楽祭シェリル クロウノラ ジョーンズワールド・アートニュー・ウェーブ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワールド・ミュージックの関連情報