一字の師(読み)イチジノシ

  • いちじ
  • の 師(し)
  • 一字

大辞林 第三版の解説

唐才子伝 唐詩紀事などにみえる、鄭谷ていこくが僧斉己さいき早梅詩の一字を直して師として拝されたという故事から
詩文の師匠。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(一字の誤読、誤書、また詩の一字の不適当な表現を訂正してくれた恩人を呼んだ「唐摭言‐切磋」に見える李相の故事などによる) 一文字の教えを受けた師。また、詩文などを添削し指導してくれた人。
※随筆・戴恩記(1644頃)上「一字の師匠なりとも、芳恩謝徳のこころざしをつねに持べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

一文字の教えを受けた師。また、詩文などを添削し指導してくれた人。

[使用例] 識者もし嘲噱あざけりの唇を転じて一言一字の師となられもせば、まことに編者の本意にして、幸いこよのうも侍らむかし[坪内逍遥*小説神髄|1885~86]

[由来] 九世紀の終わりごろ、唐王朝の末期の中国でのこと。せいという人が、早咲きの梅をうたった「昨夜、数枝開く」という詩句を、ていこくという詩人に見せたことがありました。すると、鄭谷は、「数枝」では早い感じがしないから「一枝」にした方がいい、と助言しました。これにすっかり感服した人々は、鄭谷を「一字の師」として尊敬したのでした。以上は、「詩人ぎょくせつ」という書物に載せる話。ほかにも、「唐摭言」「鶴林玉露」などの書物に、似たような話が記録されています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android