コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一字の師 イチジノシ

2件 の用語解説(一字の師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちじ‐の‐し【一字の師】

《鄭谷(ていこく)が、斉己(さいき)の詩の語句「数枝開く」の一字を改めて「一枝開く」としたので、斉己は庭に降りて鄭谷を拝したという、「唐詩紀事」に見える故事から》詩文などを指導してくれた師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちじのし【一字の師】

〔「唐才子伝」 「唐詩紀事」などにみえる、鄭谷ていこくが僧斉己さいきの「早梅詩」の一字を直して師として拝されたという故事から〕
詩文の師匠。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一字の師の関連キーワード鄭谷国際記念物遺跡会議関西国際大学経国済民サイキック最恵国西国船国際均衡サイコロ西国兵五郎(2代)