概括(読み)がいかつ

精選版 日本国語大辞典「概括」の解説

がい‐かつ ‥クヮツ【概括】

〘名〙
① 論理学で、さまざまな事物に共通した性質が認められるとき、その性質を意味内容とする念でまとめること。これに対して、帰納によってまとめることを一般化といって区別することがある。〔哲学字彙(1881)〕
② 内容などのあらましを、大ざっぱにまとめること。また、要点をとらえてまとめること。要約。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二八「彼等は銘々の意志に於て頗る発動あり。而れとも是を概(ガイクヮツ)したる威力に乏し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「概括」の解説

がい‐かつ〔‐クワツ〕【概括】

[名](スル)
内容のあらましをまとめること。「意見を概括する」
論理学で、さまざまな事物に共通する性質を抽象し、その性質を一つの概念にまとめること。一般化。
[類語]大筋概略概要大要あらまし粗筋大意大略大概大綱概況大枠あらかた輪郭アウトライン縮図レジュメ抄録摘要提要梗概

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「概括」の解説

【概括】がいかつ

まとめ。

字通「概」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android