コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一薬草 イチヤクソウ

デジタル大辞泉の解説

いちやく‐そう〔‐サウ〕【一薬草】

イチヤクソウ科の常緑多年草。山野樹陰に生え、高さ約20センチ。葉は根際につき、長い柄をもち、円形または広楕円形で厚く、裏面紫色を帯びる。初夏、茎の上部に、梅に似た白い5弁花を開く。葉の液汁止血止痛に有効。かがみそう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちやくそう【一薬草】

イチヤクソウ科の常緑多年草。山野の樹陰に生え、高さ約20センチメートル。葉は根生し、広卵形。初夏、花茎を立てて白色五弁のウメに似た花を総状につける。葉の液汁は切り傷・虫さされに効く。また、全草を干したものを鹿蹄ろくてい草と呼び、煎せんじて脚気かつけやむくみの利尿薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

一薬草 (イチヤクソウ)

学名:Pyrola japonica
植物。イチヤクソウ科の常緑多年草,園芸植物,薬用植物

一薬草 (イチヤクソウ)

植物。鍬形草別称

一薬草 (イチヤクソウ)

植物。ベンケイソウ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ベンケイソウの別称

一薬草 (イチヤクソウ)

植物。クワ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物。クワの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

一薬草の関連キーワード利尿薬むくみ広卵形切り傷総状根生花茎ウメ脚気い草

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android