コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋帯 なごやおび

6件 の用語解説(名古屋帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋帯
なごやおび

女帯の一種。大正の初期に名古屋で考案されたところからこの名があり,名護屋帯とも記す。お太鼓に結ぶ部分を普通の広幅に,他の部分を半幅に仕立てた帯。比較的簡単に締めることができ,しかも生地によって訪問着から普段着まで広く使い分けができるのが特徴。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なごや‐おび【名古屋帯】

お太鼓結びの部分を並幅にし、その他の部分を半幅に仕立てた女性用の帯。大正7、8年ころ名古屋から流行したといわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

名古屋帯【なごやおび】

女帯の一種。結びの部分を普通幅にし,残りを半幅に縫い合わせたもの。大正後期に名古屋で考案されたという。軽快で締めやすく,布地も少なくてすみ経済的。九寸名古屋帯八寸名古屋帯かがり帯,袋名古屋とも)がある。
→関連項目訪問着

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なごやおび【名古屋帯】

女帯の一種。洋服の普及や被服衛生に関する研究の進展にともなって,明治30年代から女性の着物の改良・改革が識者によって唱えられるようになり,1920年には〈日本服装改善会〉が発足,その中でいちばん着目され,また実際に改良が行われたのは帯であった。腹合せ帯,五尺帯,七五帯,衛生帯,軽装帯などといくつかの改良帯が考案されたが,最も広く普及し,定着したのが名古屋帯である。この由来については,1920年当時の名古屋女学校の創設者越原春子が考案して日常締めていた風変りな帯に,中村呉服店の店員小沢義男が着目,これを市販するようにしたのがきっかけであったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なごやおび【名古屋帯】

女帯の一。お太鼓に結ぶ部分を並幅、他の部分を半幅に作ったもの。大正初期、名古屋で考案されて、広まった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名古屋帯
なごやおび

女帯の一種。九寸名古屋ともいう。お太鼓の部分は幅30センチメートル、胴の部分は幅15センチメートル内外に仕立てる。幅36センチメートル、丈4.7メートル内外の布地で、胴の長さ2.4~3メートル、お太鼓用の長さは1.1~1.2メートル、帯芯(しん)を入れて仕上げる。名古屋帯は不景気だった1918年(大正7)に、衣服の簡略化を目的として、名古屋の女学校の教師が考案し着用したものである。これを名古屋のデパートが売り出し好評を得て、腹合帯にかわって普及し、今日なお盛んに用いられている。初めは普段着用であったが、近年は結び方もくふうされて、外出用、訪問着用に袋帯に次ぐものとして締められている。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の名古屋帯の言及

【帯】より

…それ以後は太鼓結びが広く愛用され,戦後は太鼓結び,ふくら雀(すずめ)結びのほか,着物への魅力を増すべくさまざまの新しい結び方が考案されるようになった。また大正期に服装改善運動の中で考案された名古屋帯は,その合理性と結びやすさから女帯の主流を占めるようになり今日に至っている。
[男帯の発達史]
 古墳時代の埴輪の男子像を見ると,上衣の胴に細い帯を一重に巻き,前からわきに結び垂らし,この帯に剣などを下げ,庶民は農具をさしたりしている。…

※「名古屋帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名古屋帯の関連キーワード日本公衆衛生協会衛生兵食品衛生月間耳かきの日和服・洋服お直しの日公衆衛生栄養士公衆衛生学食品衛生学食品衛生調査会有明海及び八代海の再生に関する基本方針

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋帯の関連情報