一龍斎貞山(6世)(読み)いちりゅうさいていざん[ろくせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一龍斎貞山(6世)
いちりゅうさいていざん[ろくせい]

[生]1876.11.26. 東京,京橋
[没]1945.3.10. 東京
講談師。本名桝井長四郎。名人とうたわれた錦城斎典山に師事し,1907年,貞丈から6世を襲名。荘重な名調子で鳴らし,『赤穂義士伝』が十八番。豪放で親分肌の人柄から,講談師でありながら落語協会の会長までつとめたが,東京大空襲にあい隅田川で水死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android