コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一龍斎貞山(6世)(読み)いちりゅうさいていざん[ろくせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一龍斎貞山(6世)
いちりゅうさいていざん[ろくせい]

[生]1876.11.26. 東京,京橋
[没]1945.3.10. 東京
講談師。本名桝井長四郎。名人とうたわれた錦城斎典山に師事し,1907年,貞丈から6世を襲名。荘重な名調子で鳴らし,『赤穂義士伝』が十八番。豪放で親分肌の人柄から,講談師でありながら落語協会の会長までつとめたが,東京大空襲にあい隅田川で水死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android