コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦城斎典山 きんじょうさいてんざん

世界大百科事典 第2版の解説

きんじょうさいてんざん【錦城斎典山】

講釈師。(1)初代は,天保(1830‐44)のころに,釈台を前に,張扇(はりおうぎ)と拍子木(ひようしぎ)を両手に使用する演出を考案したひとといわれる。(2)3代(1863‐1935∥文久3‐昭和10) 本名青山岳次郎。《義士伝》《天保六花撰(てんポうろつかせん)》《天明白浪五人男(てんめいしらなみごにんおとこ)》《みの吉殺し》など,世話物時代物の両方に長じて近代講釈界最高の名人とうたわれた。写実的な読み口と,的確な情景描写は,同時代の俳優たちの多くにも影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

錦城斎典山
きんじょうさいてんざん

講釈師。

初代

生没年、生涯など未詳。金上斎。弘化(こうか)(1844~48)ごろの番付『古今軍談名人揃』に、『伊賀ノ水月(すいげつ)』を得意とするとあり、門下より初代一竜斎貞山(いちりゅうさいていざん)を出した。[延広真治]

2代

生没年、生涯など未詳。2代貞山の弟。世話物を得意とした。俗に鼻かけ典山。[延広真治]

3代

(1864―1935)本名青山嶽次郎(たけじろう)。江戸神田生まれ。母は女義太夫(ぎだゆう)竹本越花(こしか)。幼少より講談を好み、3代貞山に入門。のち4代貞山の譲り弟子となり、師の没後5代貞山を襲名したが、1907年(明治40)門人の3代貞丈に6代目を譲り、3代錦城斎典山を相続した。『村井長庵(ちょうあん)』『天保六花撰(てんぽうろっかせん)』などの世話物はもとより、『義士伝』『伊賀の水月』など時代物にも優れていた近代の名人。長編を一席物としても鑑賞できるようくふうし、心理描写に意を用いた。1950年(昭和25)、青山家より『錦城斎典山』が刊行された。[延広真治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

錦城斎典山の関連キーワード一龍斎 貞山(6代目)錦城斎 典山(3代目)一龍斎 貞山(3代目)花柳 寿楽(2代目)一龍斎貞山(6世)一竜斎貞山(5代)一竜斎貞山(3代)一竜斎貞山(初代)おもな講談の演目一龍斎 貞輔五柳亭徳升一竜斎貞山講釈師講談

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android