一龍斎貞山(7世)(読み)いちりゅうさいていざん[ななせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一龍斎貞山(7世)
いちりゅうさいていざん[ななせい]

[生]1907.6.2. 東京,深川
[没]1966.12.7.
講談師。本名佐藤貞之助。6世一龍斎貞山に入門,1947年7世を襲名。道具を使った怪談に長じ,「お化けの貞山」と呼ばれた。5世宝井馬琴,5世一龍斎貞文とともに講釈界の三羽烏の1人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android