コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好徹 ミヨシトオル

3件 の用語解説(三好徹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みよし‐とおる〔‐とほる〕【三好徹】

[1931~ ]小説家。東京の生まれ。本名、河上雄三。新聞記者を経て、社会派の推理小説スパイ小説、時代小説などを精力的に執筆。「聖少女」で直木賞受賞。他に「風塵地帯」「チェ・ゲバラ伝」「天使」シリーズなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好徹 みよし-とおる

1931- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年1月7日生まれ。読売新聞社にはいり10年間記者をつとめる。昭和42年「風塵地帯」で日本推理作家協会賞,43年「聖少女」で直木賞社会派推理小説,スパイ小説,歴史小説,ノンフィクションと幅ひろく手がける。東京出身。横浜高商(現横浜国大)卒。本名は河上雄三。作品はほかに「チェ・ゲバラ伝」「興亡三国志」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三好徹
みよしとおる
(1931― )

小説家。東京生まれ。本名河上雄三。旧制横浜高商(現横浜国立大学)卒業後、読売新聞社入社。『遠い声』が1959年度(昭和34)上半期の文学界新人賞次席となる。以後、いわゆる社会派推理小説、スパイ小説、時代小説の分野で旺盛(おうせい)な筆力を発揮。『風塵(ふうじん)地帯』(1966)で日本推理作家協会賞、翌年、無軌道な少年少女群像を描く『聖少女』(1967)により第58回直木賞を各受賞。以後、歴史小説を手がけるようになり、革命家ゲバラ、沖田総司(そうじ)、坂本龍馬(りょうま)、黒岩涙香(くろいわるいこう)、星亨(ほしとおる)らを主人公とする多彩な執筆活動を展開した。主要な作品に、『チェ・ゲバラ伝』(1971)、『私説・沖田総司』(1972)、『小説沖田総司――六月は真紅の薔薇(ばら)』(1975)、黒岩涙香を扱った『まむしの周六――万朝報物語』(1977)、『誰が竜馬を殺したか』(1996)などがある。さらに、『近代ジャーナリスト物語――天馬の如く』上下(1982)、『日本宰相伝』3冊(1992~98)、『政商伝』(1993)などの人物列伝のシリーズを手がけている。これら歴史をテーマにしたものには、『興亡と夢――戦火の昭和史』5冊(1986)、『興亡三国志』5冊(1997)、『明治に名参謀ありて――近代国家「日本」を建国した6人』(1999)、『妖婦の伝説』(2000)などもある。[伊藤和也・磯貝勝太郎]
『『興亡と夢――戦火の昭和史』5冊(1986・集英社) ▽『興亡三国志』5冊(1997・集英社) ▽『明治に名参謀ありて――近代国家「日本」を建国した6人』(1999・小学館) ▽『妖婦の伝説』(2000・実業之日本社) ▽『チェ・ゲバラ伝』新装版(2001・原書房) ▽『聖少女』(文春文庫) ▽『風塵地帯』『私説・沖田総司』『まむしの周六――万朝報物語』『近代ジャーナリスト列伝――天馬の如く』上下(中公文庫) ▽『小説沖田総司――六月は真紅の薔薇』上下『政商伝』(講談社文庫) ▽『日本宰相伝』3冊(徳間文庫) ▽『誰が竜馬を殺したか』(光文社文庫) ▽チェ・ゲバラ著、三好徹訳『チェ・ゲバラの声――革命戦争の日々・ボリビア日記 詳注版』(2002・原書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三好徹の関連キーワード赤江瀑赤瀬川隼三田誠広三好京三石和鷹稲見一良清水一行団鬼六富島健夫広瀬仁紀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三好徹の関連情報