コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖田総司 オキタソウジ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沖田総司 おきた-そうじ

1842/44-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)13/15年生まれ。陸奥(むつ)白河藩(福島県)藩士の子。江戸市ケ谷の試衛館で天然理心流の剣術をまなぶ。天才的剣士といわれ,のちに塾頭となる。文久3年近藤勇の新選組創設に参加。幹部として一番隊組長をつとめ,池田屋事件などで活躍したが,結核により慶応4年5月30日死去。25/27歳。名は房良。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沖田総司

没年:明治1.5.30(1868.7.19)
生年:天保13(1842)
幕末維新期,白皙の天才的美剣士とうたわれる新選組の一番隊隊長。名は房良,幼名宗治郎。父は陸奥白河藩(福島県)藩士の沖田勝次郎。総司幼くして沖田家は藩籍を離れたといわれるが,義兄林太郎が安政6(1859)年まで在籍の記録がある。近藤勇の天然理心流試衛館の塾頭を務め,近藤,土方歳三らと上洛,新選組に加盟。池田屋の斬り込みで喀血昏倒。参謀山南敬助の脱走罪による切腹を介錯。明治1(1868)年の鳥羽・伏見の戦には労咳のため参加せず,江戸引き揚げ後は,神田和泉橋の医学所や今戸八幡の松本良順宅で療養。千駄ケ谷池尻橋の植木屋平五郎宅の納屋で死んだといわれる。<参考文献>子母沢寛『新選組始末記』

(釣洋一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

江戸・東京人物辞典の解説

沖田総司

1844〜1868(弘化元〜明治元)【新選組隊士】新撰組とともに散った、若き天才剣士。 新選組隊士。陸奥国白川藩の脱藩者と言われる。近藤勇の弟弟子として、若くして天然理心流免許皆伝を受ける。1863年、京都に出て新選組結成に参加し、以後有力隊士として池田屋事件などで活躍した。戊辰戦争でも各地を転戦、甲陽鎮撫隊にも参加したが持病の肺結核が悪化し死去。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おきたそうじ【沖田総司】

1844‐68(弘化1‐明治1)
新撰組隊士。陸奥白河藩士の子に生まれたが,数え2歳で父が死亡し,姉が沖田家を継いだ。天然理心流近藤周助の試衛館に入り,近藤勇とは同門。卓越した剣の使い手として知られ,1863年(文久3)京都で結成された新撰組の有力隊士となる。翌年6月の池田屋事件のとき喀血して昏倒したが,その後も一番隊長を務めた。鳥羽・伏見の戦後に江戸へ帰るが,悪化した肺患のため死去した。【高木 俊輔】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おきたそうじ【沖田総司】

1844頃~1868) 幕末の新選組隊士。白河藩士の子。天然理心流を学び剣技にすぐれた。新選組の有力隊士として活躍。肺患で死去。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖田総司
おきたそうじ
(1842/1844―1868)

幕末の新選組隊士。父勝次郎は江戸詰の白河(しらかわ)藩士で、総司2歳のとき死去。江戸・市ヶ谷の近藤周助(勇(いさみ)の養父)の内弟子となり、天然理心流を学び剣技に優れた。のち塾頭となり、多摩郡に出稽古(でげいこ)に歩いた。1863年(文久3)2月に近藤勇らと上洛(じょうらく)し新選組副長助勤、のち一番隊組長。64年(元治1)池田屋事件では目覚ましい働きをした。新選組幹部として活躍したが、67年(慶応3)ごろより肺病が進み、慶応(けいおう)4年5月30日没。墓は東京都港区元麻布の専称寺にある。[小島政孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

沖田総司の関連キーワード天まであがれ!井上 金太郎日比野友樹内山彦次郎山本紗也加鈴木信二小澤征悦鈴木達也森田順平子母沢寛渡辺和貴山根貞男山田直樹早乙女貢栩原楽人森憲幸斎藤一汀夏子三好徹芹沢鴨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖田総司の関連情報