コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島事件 みしまじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三島事件
みしまじけん

作家三島由紀夫割腹自殺事件。 1970年 11月 25日午前 11時 10分から同日午後0時 15分にかけて三島は「楯の会」の会員4人を伴い,東京都新宿区市ヶ谷の陸上自衛隊東部方面総監部総監室を訪問,総監の益田兼利を縛り,不法監禁するとともに総監室を占拠。これを排除しようとした自衛隊員に日本刀などで切りつけ8人に重軽傷を負わせた。三島は自衛隊員に決起を呼びかけるアジ演説を行なったのち,早稲田大学学生森田必勝とともに割腹自殺した。警視庁は小賀正義,小川正洋を暴行,傷害,不法監禁,公務執行妨害の容疑で現行犯逮捕した。三島の自決は平和な戦後社会に強い衝撃を与えた。さらに右翼だけでなく極左陣営の青年にも刺激を与え,左右の青年7人があと追い自殺をはかった。この事件は,三島の動機についてさまざまな推測を生んだが,同時に彼の死によって特異な才能をもった作家が,この世界から失われたことが惜しまれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三島事件

1970年11月25日、作家の三島由紀夫が自ら主宰する「楯の会」の若者と、自衛隊市ケ谷駐屯地に乗り込み、自衛隊員に憲法改正のための決起を呼びかけたあと、割腹自殺した事件。隊員1人も割腹自殺した。

(2012-06-23 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三島事件
みしまじけん

1970年(昭和45)11月25日、作家三島由紀夫が東京・市谷(いちがや)の陸上自衛隊東部方面総監部で割腹した事件。三島は1968年10月、「反共」「天皇制支持」「暴力是認」を三本柱とした主義の下に自らが主宰者となって学生組織「楯(たて)の会」を結成していた。同会は、左翼と対決する民間武装兵力として自衛隊に体験入隊し、軍事的知識・技術の修得を行ってきた。この日午前11時前、三島は会員4名とともに会の制服を着用して同総監部を訪れ、益田兼利総監を人質とした。バルコニー前に自衛隊員約1000人を集合させ、檄文(げきぶん)をまく一方、憲法を改正して自衛隊を国軍とするためのクーデターを呼びかけた。だが、隊員からやじが激しく飛び演説はほとんど聞こえなかったという。午後0時15分ごろ三島は会員森田必勝とともに総監室内で割腹自殺した。ノーベル文学賞候補とも目されていた三島の行動は、国の内外に衝撃を与え、民主主義を否定し軍国主義を復活させるものであるとの警戒心を呼び起こした。[荒 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三島事件の関連キーワード三島 由紀夫益田 兼利森田 必勝

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三島事件の関連情報