コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三春駒 みはるごま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三春駒
みはるごま

福島県三春町一帯 (旧三春藩領) でつくる木製のウマの玩具。子育て縁起物として知られる。八幡駒,木下駒と並んで日本三駒呼ばれる。鋭角と直線を生かし,黒い体にシュロのたてがみと尻尾を立て,金地に朱描きの花模様の胸掛け,腹帯を着け,一文字の口元と均整のとれた姿勢は,日本馬の典型美を示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みはる‐ごま【三春駒】

三春地方に産した馬。洋種の馬が輸入されるまで、南部駒とともに全国に知られた。
郷土玩具の一。三春地方に産する、彩色した木製の馬。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

みはるこま【三春駒】

福島の日本酒。酒名は、春には梅・桃・桜の花が一度に開花することからついた地名「三春」にちなみ命名。大吟醸酒純米吟醸酒などがある。平成3、7、8、15、16、18、22~24年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水阿武隈(あぶくま)山系の伏流水。蔵元の「佐藤酒造」は昭和25年(1950)創業。所在地は田村郡三春町字中町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

三春駒(みはるごま)

福島県、佐藤酒造株式会社の製造する日本酒。平成22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

三春駒(みはるごま)

福島県郡山市を中心に生産される郷土玩具。木製の馬を彩色した玩具で、黒駒は子宝・安産・子育てのお守り、白駒は老後安泰・長寿のお守りとして作られる。直線的なデザインが特徴。日本三駒のひとつ。「子育て木馬(こんま)」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みはるごま【三春駒】

福島県郡山市西田町高柴でつくられている木馬の郷土玩具。同地が旧三春藩領なのでこの名がついた。八幡馬(青森県八戸),木下駒(宮城県仙台)と並んで〈日本三駒〉とも呼ばれる。大小さまざまあるが,シュロのたてがみと尾をつけ,直線を生かしたたくましい馬体につくられ,馬産地にふさわしいできばえを示している。坂上田村麻呂の遠征伝説に結びつく古い由来をもち,子育て木馬(きんま)とも呼ばれ,子どものすこやかな成長を願うお守としても親しまれてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みはるごま【三春駒】

三春馬 」に同じ。
三春地方で作られる木製彩色の馬の玩具。子育ての縁起物とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三春駒
みはるごま

福島県郡山(こおりやま)市西田町高柴(たかしば)(旧三春藩領)産の郷土玩具(がんぐ)。起源は平安時代、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が蝦夷(えぞ)を攻めた際に、援軍として現れた馬群の伝説に由来する。この馬の姿を模して木馬を刻み、子供に与えたところ、いずれも健やかに育ったので子育て木馬(きんま)とよぶようになったという。優れた形をしている木馬で、八幡馬(やわたうま)(青森県)、木下(きのした)駒(宮城県)と並んで「日本三駒」などともいわれる。土地では現在も木馬(きんま)ともいう。大小各種があり、1954年(昭和29)の午(うま)年には、年賀切手の図案に採用された。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三春駒の関連情報