コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木一草 サンボクイッソウ

3件 の用語解説(三木一草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんぼく‐いっそう〔‐イツサウ〕【三木一草】

南朝の四人の功臣の称。三木は結城親光(ゆうきちかみつ)・伯耆守(ほうきのかみ)名和長年楠木正成、一草は千種忠顕(ちぐさただあき)をさす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんぼくいっそう【三木一草】

後醍醐天皇の建武政権で重用されはぶりのよかった4人の総称。楠木正成名和長年,結城親光,千種(ちぐさ)忠顕のこと。楠木・結城は姓に,名和は伯耆守で官名に〈キ〉がつき,それに千種の〈クサ〉をとって〈三木一草〉としゃれていったもの。村上源氏の流れをくむ千種以外はその出自も明確ではなく,楠木は河内国の土豪,名和は笠印に帆掛船が描かれているので海上活動にかかわっていたらしいとしかわからない。元弘の乱以来一貫して後醍醐天皇に従って軍功をたて,忠顕は参議となって3国の国守となり,正成は左衛門尉と河内・和泉の国守・守護に任ぜられ,長年は伯耆・因幡2国の守になるなど異例の昇進をした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんぼくいっそう【三木一草】

建武政権で重用された四人。三木は名の一部に「き」のつく結城ゆうき親光・伯耆守ほうきのかみ名和長年・楠木正成、一草は千種ちぐさ忠顕をいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三木一草の言及

【名和長年】より

…1333年(元弘3),隠岐を脱出した後醍醐天皇が伯耆の湊(逢坂(おうさか),篦津(のつ),御来屋(みくりや)など諸説がある)に着くと,長高はこれを迎えて船上山(せんじようさん)に立て籠り,討幕に大きな貢献をし,後醍醐天皇の命で長年と改名,伯耆守に任ぜられるなど厚い信任を得た。建武新政下,さらに因幡を与えられ,東市正(ひがしのいちのかみ)となり,恩賞方,記録所,雑訴決断所などの機関に連なって,〈三木一草(さんぼくいつそう)〉の一人として世にときめいた。長年の花押は母衣(ほろ)を模したかともみられる異様な形状で,またその特異な烏帽子は〈伯耆様〉といわれて流行したという。…

※「三木一草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三木一草の関連キーワード藤原藤房万里小路藤房延元建武続後拾遺和歌集宇都宮公綱真恵新室町院二条師基藤原光継

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone