コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木武夫内閣 みきたけおないかく

2件 の用語解説(三木武夫内閣の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三木武夫内閣【みきたけおないかく】

1974年12月9日−1976年12月24日。自由民主党単独内閣。田中角栄内閣退陣後,いわゆる椎名裁定によって誕生。独占禁止法政治資金規正法公職選挙法の改正を目ざしたが,実質的には不成功に終わった。
→関連項目防衛計画大綱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三木武夫内閣
みきたけおないかく

(1974.12.9~1976.12.24 昭和49~51)
三木武夫を首班とする自由民主党内閣。1974年12月、金脈問題による田中角栄退陣後の党内抗争収拾のための椎名(しいな)裁定により三木が自民党総裁に選出された結果成立。「クリーン三木」を看板に「世論重視、社会的不公正の打破、インフレ阻止」を掲げ、政治資金規制法、公職選挙法、独占禁止法の改正を公約した。このうちインフレ阻止は実現したものの、3法案、とくに独禁法改正は財界・保守本流派の猛反発を招き実現に至らなかった。また党内基盤の弱さから党内右派の圧力に抗しきれず金大中(きんだいちゅう)事件処理のあいまい化、靖国(やすくに)神社参拝、公労協のスト権ストへの強硬姿勢など右寄り路線をとった。1976年2月ロッキード事件が表面化すると徹底究明の姿勢をとったが、これにより党内右派の不満が爆発、「三木おろし」の嵐(あらし)のなか12月総選挙に突入、自民党が単独過半数を割る大敗を喫し、責任をとる形で退陣した。[伊藤 悟]
『中村慶一郎著『三木政権・747日 戦後保守政治の曲がり角』(1981・行研)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三木武夫内閣の関連キーワード議定皇族嘉保元亨建保建暦弘化天保徳治残留孤児・婦人訴訟判決

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三木武夫内閣の関連情報