コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦光子(1) みうら みつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦光子(1) みうら-みつこ

1888-1968 大正-昭和時代の社会事業家。
明治21年2月20日生まれ。石川啄木の妹。聖使女学院を卒業し,伝道師となる。大正12年牧師三浦清一と結婚。昭和19年から神戸にすみ,夫の設立した救貧施設愛隣館ではたらく。夫の死後,館長をついだ。昭和43年10月21日死去。80歳。岩手県出身。著作に「悲しき兄啄木」「兄啄木の思い出」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三浦光子(1)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android