コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三物黄芩湯 さんもつおうごんとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さんもつおうごんとう【三物黄芩湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)黄芩地黄(じおう)苦参(くじん)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。不眠症自律神経失調症更年期障害などに用い、手足のほてり、かゆみ、口の渇き、頭痛といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。通常の体力をもった人がおもな対象。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android