コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三船久蔵 みふねきゅうぞう

5件 の用語解説(三船久蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三船久蔵
みふねきゅうぞう

[生]1883.4.21. 岩手
[没]1965.1.27. 東京
柔道家。慶應義塾大学中退。 1903年講道館入門。短躯ながら大車,隅落 (すみおとし) などを得意技として,変応よく巨人を倒す妙技は早くから柔道界に知られていた。 1923年講道館指南役,1945年講道館柔道 10段に列せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

三船久蔵【みふねきゅうぞう】

柔道家。岩手県出身。慶大中退。1903年講道館入門,1923年7段で指南役,1945年最高位10段。身長159cm,体重63kg(最盛期)と小柄であったが,一日7時間以上もの猛稽古(もうげいこ)と熱心な技の研究で身体的なハンディを克服した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三船久蔵 みふね-きゅうぞう

1883-1965 明治-昭和時代の柔道家。
明治16年4月21日生まれ。36年上京して講道館に入門。159cmの小柄で,柔よく剛を制する講道館精神を体現した。「空気投げ(隅(すみ)落とし)」が有名。昭和20年10段をゆるされ,36年文化功労者。昭和40年1月27日死去。81歳。岩手県出身。慶大中退。著作に「柔道回顧録」。
【格言など】小さいから大を倒せる。そこに日本武道としての柔道の意義がある

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みふねきゅうぞう【三船久蔵】

1883‐1965(明治16‐昭和40)
岩手県久慈市出身の柔道家。仙台二中在学時に柔道部を創設した。1903年に上京し慶応大学理財科に入学,その年の7月講道館に入門し嘉納治五郎に師事した。翌年初段を取得してからは毎年昇段を重ね,09年には五段となる。身長は159cm,体重は最盛期でも63kgと小柄であったにもかかわらず,一日に7時間を超す猛練習と技の研究によってその弱点を補った。10年東大柔道師範,23年講道館指南役を務め,30年全日本選手権大会,34年天覧試合などに出場した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三船久蔵
みふねきゅうぞう
(1883―1965)

柔道家。岩手県九戸(くのへ)郡久慈(くじ)町(久慈市)に生まれ、1903年(明治36)講道館に入門。翌年初段。小兵ながら俊敏、立ち技(わざ)に優れ、三船の空気投(くうきなげ)といわれた隅落(すみおと)しや大車などを得意技とした。1923年(大正12)七段で講道館指南役(しなんやく)に選ばれ、45年(昭和20)柔道十段、49年講道館指導常任相談役、61年永年柔道の教育指導、普及発展に貢献した功績により文化功労者となった。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三船久蔵の関連キーワードアルマン条約電気事業ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェレフィスゾーン石炭化作用カフカ高田保馬

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三船久蔵の関連情報