コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三色旗 さんしょくきdrapeau tricolore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三色旗
さんしょくき
drapeau tricolore

フランスの国旗。 1789年7月 14日バスティーユ牢獄の陥落ののち,国民衛兵司令官ラ・ファイエットの提案に基づいて,パリ国民衛兵の帽章としてパリ市の色である赤と青の間に王室の色である白を加えた3色が採用された。これは古いフランスと新しいフランスとの和解を示すものであった。続いて国王ルイ 16世は国旗もこの3色に決定したが,それはやがて革命そのものの標識となり,共和国フランスの国旗となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんしょく‐き【三色旗】

3色に染め分けた旗。特に、フランス共和国の国旗をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三色旗【さんしょくき】

自由,平等,博愛を表すトリコロールとして知られるフランスの国旗。旗竿(はたざお)側から青,白,赤と並ぶ三色旗が定められたのはフランス革命中の1794年だが,1814年からの王政復古期には使用を中断され,1830年七月革命以後国旗として復活した。
→関連項目国旗

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんしょくき【三色旗】

三色に染め分けた旗。特に、フランスの国旗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三色旗
さんしょくき

3色に染めた旗。普通はフランス国旗をさす場合が多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三色旗の言及

【国旗】より

… 近代国家として十字架とまったく訣別した国旗を制定したのは,たとえば革命以降のフランスである。いうまでもなく,フランスの三色旗は,フランス革命がそのスローガンとしてかかげた自由,平等,博愛の三つの価値を色で表し,そのことによって革命精神を象徴したものとされている。新大陸の新興国家たるアメリカの場合,その国旗は時代とともにかわる,という構造になっている。…

※「三色旗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三色旗の関連キーワードルイ・フィリップ・アルベールアイルランド(共和国)アイルランド(島)チェコスロバキアキェシロフスキフランス(国)ユーゴスラビアナポレオン伝説カルマニョールラマルチーヌ川端 弥之助ハンガリールーマニアヨーロッパ東屋 三郎ブルガリアコールマン黒・赤・金世界の国旗イタリア

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三色旗の関連情報