コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上毛三山 じょうもうさんざん

7件 の用語解説(上毛三山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上毛三山
じょうもうさんざん

群馬県の赤城 (1828m) ,榛名 (1448m) ,妙義 (1104m) の3名山の総称。「上毛」とは群馬県の古名上毛野国 (かみつけぬのくに) による。いずれも那須火山帯に属し,赤城山榛名山は二重式の円錐火山で,妙義山は開析の進んだ奇岩の乱立する山容を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうもう‐さんざん〔ジヤウモウ‐〕【上毛三山】

群馬県にある赤城山榛名(はるな)山妙義山

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

上毛三山【じょうもうさんざん】

群馬県にある赤城山榛名山妙義山の総称。いずれも那須火山帯に属し,関東平野の北西に位置している。
→関連項目群馬[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

上毛三山

群馬県にある3つの山、赤城山・榛名山・妙義山の総称。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうもうさんざん【上毛三山】

古く上毛野(かみつけぬ)国と呼ばれた群馬県にある赤城山榛名(はるな)山妙義(みようぎ)山の三山の総称。関東平野北部から望むことができ,いずれも名山として古来上州の人々に親しまれてきた。【徳久 球雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうもうさんざん【上毛三山】

群馬県にある赤城山・榛名はるな山・妙義山。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上毛三山
じょうもうさんざん

群馬県にある赤城(あかぎ)(1828メートル)、榛名(はるな)(1449メートル)、妙義(みょうぎ)(1104メートル)の三つの山をいう。上毛とは、古代に群馬県を上毛野国(かみつけぬのくに)といった古語から出た地名で、上州(じょうしゅう)(群馬県)という呼称とともに用いられる。赤城山と榛名山はともに雄大な二重式円錐(えんすい)火山で広い裾野(すその)をもち、妙義山は開析が進み変化に富んだ奇岩の山である。群馬県のシンボルとして県民にたいへん親しまれ、いずれも県立公園になっている。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上毛三山の言及

【赤城山】より

…関東平野の北西縁,群馬県東部にある第四紀後半に活動した成層火山。榛名山,妙義山とともに上毛三山と呼ばれる。すそ野の発達はよいが山頂近くは激しく浸食され,複数の峰に分かれている。…

【榛名山】より

…群馬県の中央部にある複式成層火山。赤城山,妙義山とともに上毛三山と呼ばれる。《万葉集》には伊香保嶺(いかほね)の名で詠まれる。…

※「上毛三山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

上毛三山の関連キーワード赤松則繁赤城山赤城山関東山地三国山赤城山ソフトバンク清水峠宗長智蘊

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上毛三山の関連情報