コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上湧別 かみゆうべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上湧別
かみゆうべつ

北海道北東部,湧別町西部の旧町域。湧別川の中・下流域に位置する。1953年町制。2009年湧別町と合体。1897年屯田兵の開拓に始まり,畑作と酪農,果樹栽培が主産業。テンサイアスパラガスジャガイモチューリップ球根,リンゴなどの栽培や乳牛・肉牛の畜産が行なわれる。製材,ブロック,煉瓦,食品加工工場も立地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上湧別
かみゆうべつ

北海道東部、網走(あばしり)支庁(現、オホーツク総合振興局)管内にあった旧町名(上湧別町(ちょう))。現在は湧別町の西部を占める地域。旧上湧別町は1953年(昭和28)町制施行。2009年(平成21)、湧別町と合併。旧町域は湧別(ゆうべつ)川の下流域を占める。国道238号、242号が通じる。旧国鉄名寄(なよろ)本線(1989年廃止)、湧網線(1987年廃止)はともにバスに転換された。1897年(明治30)屯田(とんでん)兵の入植で開拓が始まり、1920年代以降水田が広く開かれた。小麦、サトウダイコン、タマネギ、ジャガイモ、アスパラガスの畑作を主とし、酪農が伸びている。リンゴの北限栽培地。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

上湧別の関連情報