コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野千鶴子 うえのちずこ

3件 の用語解説(上野千鶴子の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

上野千鶴子

日本の社会学者。NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長。1948年7月12日、富山県生まれ。1977年3月、京都大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程修了。80年、マルクス主義フェミニズムと出会い、家族社会学ジェンダー論・女性学の旗手となる。82年には『セクシィ・ギャルの大研究―女の読み方・読まれ方・読ませ方』(光文社)を刊行、学術書の垣根を越えた内容が高い評価を受け、注目される存在となる。2007年発行の『おひとりさまの老後』(法研)は75万部を越えるベストセラーとなった。1994年「サントリー学芸賞(社会・風俗部門)」受賞。2011年度「朝日賞」受賞。

(2012-12-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野千鶴子 うえの-ちずこ

1948- 昭和後期-平成時代の社会学者。
昭和23年7月12日生まれ。京都精華大助教授をへて平成5年東大助教授,のち教授。社会学,記号論,女性学などの分野で活動。マルクス主義フェミニズムの立場で男性中心の社会からの女性解放をうったえる。24年「女性学・フェミニズムとケア問題の研究と実践」で朝日賞。富山県出身。京大卒。著作に「家父長制と資本制」「セクシィ・ギャルの大研究」「近代家族の成立と終焉」「おひとりさまの老後」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上野千鶴子
うえのちづこ
(1948― )

社会学者。富山県に生まれる。1977年(昭和52)京都大学大学院社会学専攻博士課程修了。京都精華大学助教授、ボン大学客員教授などを経て、1995年(平成7)より東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(2011年退職)。構造主義社会学、マルクス主義フェミニズムの新しい理論化を行う。
 1982年『セクシイ・ギャルの大研究』で注目される。同書はコマーシャル写真を記号論的に解読することを通じて、女性が男性社会においてどのように見られ、商品化されているかを論じた。また同書はアカデミズム向けの本ではなく、カッパ・サイエンスという大衆向けシリーズの1冊として上梓(じょうし)されたことも話題になった。同年『主婦論争を読む』1・2を発表。これらにより「1980年代フェミニズムの旗手」などとも称されるが、上野の論はかつて1960年代には「ウーマン・リブ」、1970年代には「女性解放運動」などとよばれたものの延長線上にある。その論壇へのデビューの時期は浅田彰や中沢新一、四方田犬彦(よもたいぬひこ)(1953― )らが登場して、「ニュー・アカデミズム・ブーム」とよばれた時期と符合する。事実、上野の方法論は記号論や構造主義を社会学に応用し、性差と性差別の仕組みをあきらかにしようというものだった。1985年『構造主義の冒険』および『資本制と家事労働』を発表。上野は『女という快楽』(1986)や『女遊び』(1988)、『スカートの下の劇場』(1989)などで、性愛を語り、これまで男性の視線で一方的に語られるものだった女性の性を、女性自身の手に奪い取ろうとしている。また、これらの論文で、上野は単に女性からみたセクシュアリティについて述べるだけでなく、ゲイやレズビアン、トランスジェンダー(男女の性別の境界を越えるさまざまな性的意識の形態)などの視点も踏まえて、セックス、セクシュアリティ、ジェンダーといったさまざまな位相における女性性の相対化を試みている。『家父長制と資本制』(1990)ではマルクス主義的フェミニズムの立場から、資本制社会システムと性差別が構造的に不可分であることを指摘。性差別が前近代的因習ではなく、社会の近代化や工業化の過程で近代的家族として巧みに構造化されてきたことを明らかにした。また、同年の『40歳からの老いの探検学』では、加齢や介護なども視野に入れた社会論を展開する。1994年『近代家族の成立と終焉(しゅうえん)』でサントリー学芸賞を受賞。『男流文学論』(共著、1997)や『上野千鶴子が文学を社会学する』(2000)では、日本文学における男女の非対称性を指摘し、文化のなかで構造化された性差別を明らかにした。[永江 朗]
『『構造主義の冒険』(1985・勁草書房) ▽『資本制と家事労働――マルクス主義フェミニズムの問題構制』(1985・海鳴社) ▽『女という快楽』(1986・勁草書房) ▽『女遊び』(1988・学陽書房) ▽『家父長制と資本制――マルクス主義フェミニズムの地平』(1990・岩波書店) ▽『40歳からの老いの探検学』(1990・三省堂) ▽『近代家族の成立と終焉』(1994・岩波書店) ▽上野千鶴子著『ナショナリズムとジェンダー』(1998・青土社) ▽上野千鶴子著『おひとりさまの老後』(2007・法研) ▽『セクシイ・ギャルの大研究――女の読み方・読まれ方・読ませ方』(カッパ・サイエンス) ▽『スカートの下の劇場』(河出文庫) ▽『上野千鶴子が文学を社会学する』(朝日文庫) ▽上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子著『男流文学論』(ちくま文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野千鶴子の関連キーワードディメンションNPO法人関係学グンプロビッチ名古屋ウィメンズマラソン河村望武田良三福武直見田宗介綿貫譲治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上野千鶴子の関連情報