与那国(町)(読み)よなぐに

日本大百科全書(ニッポニカ)「与那国(町)」の解説

与那国(町)
よなぐに

沖縄県八重山郡(やえやまぐん)にある町。沖縄本島から南西へ520キロメートル、石垣島から西へ127キロメートルにある日本最西端与那国島からなり1島1町。台湾とは111キロメートルの位置にある。1914年(大正3)八重山村から分村。1947年(昭和22)町制施行。方音ドゥナン。島の東に宇良部(うらぶ)岳、西に久部良(くぶら)岳が連なり、山地の周縁は琉球(りゅうきゅう)石灰岩からなる段丘与那国空港から新石垣空港と那覇空港に定期航空路、久部良港から石垣港に定期航路がある。中山王府の属国となるまで、独立した島であったが、1637年人頭税が課せられたのちは、久部良割(ばり)(人口調整のため岩場の割れ目を妊婦に跳ばせた)や人升田(トウングダ)(天水田に非常招集させ遅れた者を殺した)などの人減らしのための悲惨な伝説がある。第二次世界大戦直後は密貿易が盛んとなり、一時的に人口が急増。現在、農業はサトウキビ水稲と畜産。漁業は久部良を中心にカツオ・カジキ漁。世界最大級のガであるヨナグニサンや県指定天然記念物のヨナグニウマなどが生息する。また島の南東部沖合いで海底遺跡が発見され、話題をよんだ。特産品に泡盛がある。面積28.96平方キロメートル、人口1843(2015)。

[堂前亮平]

『池間栄三著『与那国の歴史』(1972・琉球新報社)』『『與那國 与那国町制施行50周年記念誌』(1999・与那国町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android