コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界気象監視計画 せかいきしょうかんしけいかく World Weather Watch Program; WWW

4件 の用語解説(世界気象監視計画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界気象監視計画
せかいきしょうかんしけいかく
World Weather Watch Program; WWW

世界気象機関 WMOが 1963年に開始した,全球規模での気象観測データ収集・処理・解析・配信および蓄積のネットワークの構築。全世界の気象情報を即時的に提供すること,気象のデータセット(気温、湿度といったデータ一式)を集積することを目的とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せかいきしょうかんし‐けいかく〔セカイキシヤウカンシケイクワク〕【世界気象監視計画】

世界気象機関(WMO)が中心になり、気象衛星を利用して全世界の気象状況を観測し、天気予報の精度を高めるほか、災害の予防、船舶・航空機の安全運航に役立てようという計画。1963年に開始。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

世界気象監視計画【せかいきしょうかんしけいかく】

World Weather Watch Programmeの訳。略称WWWダブダブダブと読む)計画。1963年の世界気象会議以後始められた全地球的な気象観測計画。
→関連項目地球大気開発計画地区特別気象中枢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せかいきしょうかんしけいかく【世界気象監視計画 World Weather Watch Programme】

世界気象機関(WMO)の中心的事業の一つで,国際協力によって地球上の気象状態とその変化を正しく監視していこうとするもの。通称WWW(ダブダブダブ)計画。基本計画は,気象観測,気象通信,気象資料処理の3本の柱から成り立っている。1961年に国際連合は,世界的な天気予報の精度向上のために決議を行い,国際協力による気象事業の改善をめざしてWWW計画を,技術開発と研究の推進をはかって地球大気開発計画(GARPガープ))を発足させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界気象監視計画の関連キーワードWMO政府間海洋学委員会世界気候計画全球大気監視GAWWCPGARP台風委員会アルゴ計画世界気象の日

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界気象監視計画の関連情報