コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界気象監視計画 せかいきしょうかんしけいかくWorld Weather Watch Program; WWW

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界気象監視計画
せかいきしょうかんしけいかく
World Weather Watch Program; WWW

世界気象機関 WMOが 1963年に開始した,全球規模での気象観測,データ収集・処理・解析・配信および蓄積のネットワークの構築。全世界気象情報を即時的に提供すること,気象のデータセット(気温、湿度といったデータ一式)を集積することを目的とする。そのために,システムやデータ管理の技術指導,地上・海上・高層・衛星での気象観測のシステムや,全球データの処理・予測システムの整備,気象データ・成果物の管理,全球気象通信システムなどの効率的な統合調整,各国の気象機関が一般向けに提供する気象情報サービスの支援等を実施している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せかいきしょうかんし‐けいかく〔セカイキシヤウカンシケイクワク〕【世界気象監視計画】

世界気象機関(WMO)が中心になり、気象衛星を利用して全世界の気象状況を観測し、天気予報精度を高めるほか災害予防船舶航空機の安全運航に役立てようという計画。1963年に開始。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

世界気象監視計画【せかいきしょうかんしけいかく】

World Weather Watch Programmeの訳。略称WWW(ダブダブダブと読む)計画。1963年の世界気象会議以後始められた全地球的な気象観測計画。
→関連項目地球大気開発計画地区特別気象中枢

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せかいきしょうかんしけいかく【世界気象監視計画 World Weather Watch Programme】

世界気象機関(WMO)の中心的事業の一つで,国際協力によって地球上の気象状態とその変化を正しく監視していこうとするもの。通称WWW(ダブダブダブ)計画。基本計画は,気象観測,気象通信,気象資料処理の3本の柱から成り立っている。1961年に国際連合は,世界的な天気予報の精度向上のために決議を行い,国際協力による気象事業の改善をめざしてWWW計画を,技術開発と研究の推進をはかって地球大気開発計画(GARPガープ))を発足させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界気象監視計画の関連キーワード地域特別気象センター静止気象衛星世界気象監視WMC

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android