コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加茂湖 かもこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加茂湖
かもこ

新潟県西部,佐渡島中部,国中平野北東端の両津湾岸にある海跡湖。面積 4.9km2,周囲 17km。最大水深 9m。1904年,砂州の中央に広い水路を掘り,湖と両津湾を結んでから,塩水湖になった。カキの養殖が行なわれる。佐渡弥彦米山国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かも‐こ【加茂湖】

新潟県、佐渡島中東部にある海跡湖。面積4.8平方キロメートル。両津港と水路でつながり、カキの養殖が盛ん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かもこ【加茂湖】

新潟県佐渡島の国中(くになか)平野北部にある海跡湖。南北に細長く,周囲約17km,面積4.8km2,最大水深9m。南西部を除き両津市に属する。1904年水害予防と漁船の船溜りのため,市街地ののる北東岸の砂州に幅33mの境川を掘って両津湾と結んでから半塩湖となった。アサリメバルカレイなどが獲れるほか,1931年にはカキの垂下式養殖に成功した。佐渡弥彦米山国定公園に含まれ,遊覧船が出る。西岸の段丘面に佐渡空港があり,新潟空港と結ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕加茂湖(かもこ)


新潟県佐渡(さどが)島の東海岸、両津(りょう)湾湾奥の潟湖(せきこ)。面積4.9km2。北東岸に開いた水路で海に通じる。東岸の椎崎(しいざき)公園はサクラの名所で、近くに椎崎温泉がわく。カキの養殖で名高い。佐渡弥彦米山(さどやひこよねやま)国定公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加茂湖
かもこ

新潟県佐渡(さど)島の玄関口、両津(りょうつ)湾岸にある本県最大の湖。周囲15キロメートル、面積4.8平方キロメートル、最深部はやや湖南にあり9メートル。前面を砂州でふさがれた海跡湖で、かつては半淡水湖であった。1904年(明治37)砂州の中央を掘り割って両津湾に出る船路をつくったところ、海水が流れ込んで、いまは塩水湖になっている。湖面はカキの養殖が盛んである。夕凪(ゆうなぎ)に金北(きんぽく)山の山影を映す景色がすばらしく、佐渡弥彦米山(やひこよねやま)国定公園地区に指定されている。湖岸には近代ホテルが立ち並び、西岸段丘上には佐渡空港もある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

加茂湖の関連情報